fcb.portal.reset.password

UEFAのインタビューに応えるピケ

 UEFA の取材にジェラルド・ピケが答え、FCバルセロナの攻撃三人組ーメッシ、スアレス、ネイマールーについて、また,プライベートについて、などFCバルセロナの現況を振り返った。

チャンピオンズの目標

「制覇が難しいのはわかっている。これからは非常に難しいチームと対戦していくからだ。だからこそ、細かいディテールが問題になってくる。負傷しないこと、自信をもって続けていくことが大事だ。この調子で続けていけば、勝てる可能性はある」

レオ・メッシ

「試合を完全に読み取ることができる。なぜなら、とても頭がいいからだ。サイドから攻撃するのを快適に感じているし、それがルイス・スアレスにとって、理想的な場所、センターFWとしてプレーするチャンスを与えることになる。チームがどんどん向上しているということはあたっているからだと思う。メッシはいつもどおりに輝いているし、スアレスは多くのゴールを私達に与えてくれている」

ルイス・エンリケがしたこと

「ルイス・エンリケはその考えがとても明確だし、チームは完璧にそれを理解している」

「高い位置でプレスをかけるよう、要求している。ライバルが攻撃する時、僕らはすばやくカウンターできるし、僕らの攻撃陣のスピードをもって、ライバルがラインの間に生み出すスペースをできるだけ、利用しようとしている」

バルサのDNA

「スタイルはいつもと同じだが、今、更に完成されたのは本当だ。僕らは以前は苦労した試合でも、プレーすることを学んだ」

「試合のコントロールをできないバルサはいまだかつて見たことがないし、ボールポゼッションを持たないバルサも、試合中ずっと相手が攻撃してくるライバルも見たことがない。このスタイルはキープしている」

「ディフェンダーがラインを破り、ボールを足元にもって飛び出し、30-40メートルものパスを出すことで、チームはとても助けられる。そうすることを監督は常に僕に要求してきたし、僕はその目標を達成することで自信をつけている。バルサはこういったスタイルでプレーすることが必要なんだ」

上に戻る