fcb.portal.reset.password

ナポリ戦でプレーするペドロ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

カナリア諸島出身の選手は今夜の試合で活躍した選手の一人で、とても積極的な姿勢を見せた。特に後半にはいくつもの得点機を手にした。試合には敗れ初黒星となったが、カナリア出身選手はチームのプレーぶりには満足しているとし、ニース戦より良い試合をしたとした。「僕らの調子は良く、勝つだけのチャンスを作った」。またこう続けている。「攻撃陣は得点を取るという点で決定力がなかった」。

 

「良い配置で、プレッシャーをかけ、チームメイトを助けるようにする」ことが、ルイス・エンリケが選手たちに叩き込んでいる点で、ペドロからすると「僕らはそれらを取り戻すよう取り組んでいるところ」だという。「シーズンを通して練習していく。結果が伴うのは間違いない」。

 

ブラボーについては、カナリア諸島出身のサイドアタッカーは「正しい」状態だと考えいて、「すごく良い試合をした」と言う。試合の終盤にはミスがあり、このゴールがイタリアチームに勝利をもたらしたが、ペドロはそれが重要ではないとしている。「そういったことは誰にでも起こり得ること。今夜素晴らしい試合をしたと彼を祝福する

 

試合後、イバン・ラキティッチとデビューしたクラウディオ・ブラボーがミックスゾーンで話した。

 

イバン・ラキティッチ

「日々良くなっている感じがある。自信が増し、チームメイトのことをより良く理解している。ここではまだちょっとしか経っていないけど、毎日少しずつ良くなって行きたい」

 

「全体として良い試合で、僕らはいくつかの点を取ることができた」

 

「僕らはいつでも勝つのを願っている。ただ試合とプレーを見なければならない。僕らはたくさんのチャンスを作ったと思う。良いプレーをしたし、自信を掴んで行かなければならない」

 

ブラボーについて「起こり得ること。彼は良い試合をしたと思うし、そこのことで僕らが彼に対して持っている信頼を失うことにはならない」

 

クラウディオ・ブラボー

「最初の試合を終えたことにとても大きな誇りを感じている。今後たくさんの試合ができるよう期待している」

 

ミスにより失点したことについて「このポジションでは起こること。練習を続けて行かなければならない」。「僕は落ち着いている。自分の価値、何ができるのかは分かっている」

上に戻る