fcb.portal.reset.password

Celebració de Luis Suárez, amb Neymar, al Parc dels Prínceps / MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサは、パルク・デ・プランスで行なわれたチャンピオンズリーグベスト8第一レグにて、そのオーソリティを見せつけ、1−3で試合を制し、PSGは、実に9年ぶり、33試合ぶりにホームで黒星を喫することになった。結果は別にしても、バルサはシチュエーションをコントロールし、攻守共に良い試合内容を展開した。ネイマールとルイス・スアレスのゴールが、欠場選手に悩まされた対戦相手にとどめをさした。

バルサのやる気は試合の最初から見えていた。バルサは試合の支配者であり、PSGを前に攻撃者であり、最初から対戦相手にカウンターの隙を与えなかった。前半13分、メッシがシリグを座らせたが、そのシュートはポストに始めた。この警告をしみ込ませ、その直後にバルサは先制することになった。

19分、ブスケッツが中央でボールを取り戻し、メッシが目の回る早さで前線まで持ってきたボールをネイマールがゴールの奥底に押し込んだ。PSGにとって、悪いニュースはそれだけではなかった。続けて、ティアゴ・シルバが負傷し、ダビッド・ルイスが入らなければならならった。フランスのチームは瞬間的に落ち込み、立ち直るのに時間を要した。バルサは自信と共に、インテリジェンスとスムーズなボール回しのコンビネーションで試合を手にしていた。
対戦相手は­タフなプレーを仕掛け、マスチェラーノとイニエスタは、激しいファウルを受けた。ティアゴ・シルバとシリグもフィジカル的な問題を抱え、試合のリズムは止められた。バルサの支配は減少し、PSGは逆に強気になった。その感触のまま、後半がスタートし、背中に打ち身を受けたイニエスタは、ピッチを去らざるを得なかった。

ルイス・スアレスが現れたのは、67分だった。ダビッド・ルイスを抜き、ディフェンダー二人の間をすり抜け、シリグのゴールにシュートを突き刺した。その後、テア・シュテーゲンがコーナーからのセンタリングに応えたカバニのシュートを防いだ。バルサはサッカー的レクチャーをみせていた。それはシャビのレクチャーでもあった。多くのスペースが生み出され、メッシはそれを生かしてプレーしていた。

他方、フランス勢にとっては、地獄だった。0-2のスコアを手に、バルサはボールを回し続けた。ルイス・スアレスに再び、ボールが届くまで。スアレスが再び、見事なゴールを創り出し、スコアは0−3になった。PSGは、フアン・デル・ヴィールのシュートの後、マテューがオウンゴールを決めたために、得点を手にすることになった。最後にラベッツィもチャンスを得たが、アドリアーノが救った。 バルサはパリで歴史的な1−3を手に入れた。

上に戻る
_satellite.pageBottom();