fcb.portal.reset.password

Neymar, amb 42 gols, cada cop més a prop del podi de màxims golejadors brasilers / FOTOMUNTATGE FCB

トルコで決めた2ゴールで、ネイマールJrは、ブラジル代表において、参戦した59試合中42得点をマークしており、カナリア代表の歴史となる名誉ある地位に向かって、着実に近づいている。現在、公式戦と親善試合におけるブラジル代表の上位得点ランキングには、ペレ、ロナウド、ロマリオがいる。

O'Rei (ペレ)は、92試合中77ゴールを決め (0,84)、ロナウドは 98試合中 62ゴール  (0,63) 、ロマーリオが70試合中55ゴール  (0,79)だ。ネイマールの1試合における平均得点数は、 0,69だ。また、この上位の選手らにしても、現在のネイマールの年齢。22歳で42ゴール決めている選手はいない。この調子で向上を続ければ、ネイマールJrは、28歳で最高のランキングに立つ計算になる。

上記であげた選手が、バルサファンにはおなじみなのも興味深い。ロマーリオとロナウドは、90年代にバルサの勢力として一躍名を馳せた。一方、ペレはカンプノウでバルサを相手に3回、親善試合を行なっている。50年代初頭から60年にかけて行なわれている。、

ゴール好調

昨夏のワールドカップ以来、ブラジルは5試合の代表戦を行ない、全勝している。12ゴールのうち、7ゴールはネイマールが決めたものであり、バルサの'11' 番がチームに大きく貢献している。


上に戻る