fcb.portal.reset.password

ネイマール、代表のチームメイトとともに/ INSTAGRAM NEYMAR JR

ネイマール、代表のチームメイトとともに / INSTAGRAM NEYMAR JR

「練習するだけのためにここに残ることは僕自身を内部から苦しめること。何の喜びもない。何の目標もなく練習するのは辛いことで、この状況は事をさらに難しくする怪我を誘発しかねない」。この言葉がFCバルセロナのフォワード、ネイマールJrが発表したコメントの要約。選手はソーシャルサイトでブラジル代表の合宿から離脱する理由を説明した。コロンビア戦でのもみ合いからコパ・アメリカの残り試合で出場停止処分が出され、カナリア軍団のキャプテンはチームメイトに「許し」を乞い、「この状況から学び僕のキャリアに生かす」ことを約束した。

「ずいぶん前からコパ・アメリカでブラジル代表の役に立つことを願っていたけど、残念ながらそれは可能ではなくなった。僕のグループでの存在感が大きいことは分かっているが、選手一人一人が目の前にある試合に向かって集中すべき」とネイマールは話した。

キャプテンは以下の方法で代表合宿を去ると説明した。「グループのリーダーとして自分の義務や責任に対して逃げ出した事は一度もないし、ブラジルのキャプテンとして常に勝利を目指して全力を尽くす。今回は決断しなければならない瞬間。今後どこにいようと僕は代表チームとともにいて、チームメイトが成功を掴むために応援する」

選手は最後にこう伝えている。「この感情を、ずっと僕を助けてくれたグループと監督・コーチに示すことを必要としていた。彼らと一緒にここにとどまることはチームメイトの集中力を削ぎ、重要な焦点がブレることになりかねない」。発表のコメントはこう結ばれている。「ブラジルに幸運がありますように」

上に戻る