fcb.portal.reset.password

バルトメウとカルドネルとともにクラブオフィスを訪れたネイマールと息子 / MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナのソシオ手続きをしたネイマールJrと息子 / MIGUEL RUIZ - FCB

サッカートップチームの選手、ネイマールJrが金曜、息子のダビ・ルーカとともにクラブソシオになるためソーシャル部門のオフィスを訪れた。ジョセップ・マリア・バルトメウ会長とソーシャル分野のジョルディ・カルドネル副会長に付き添われ、ブラジル人クラックが2つの会員証を手にした。ネイマールJrの番号は155674、息子は15万5675に。さらにチームの第1ユニホームや‘ネイマール’、‘ダビ・ルーカ’の中目が入った旗などがプレゼントされた。

「バルサのソシオになるのは名誉」

ネイマールJr選手はバルサTVと公式サイトに対して、FCバルセロナのソシオになることができとても満足していると話した。「バルサのソシオになるのは名誉で、とても喜んでいる。それにダビ・ルーカも同じ。だってバルサがとても好きで、今いるクラブの会員になるのはうれしい」

今回トップチーム選手の息子がクラブソシオになるのは、ジェラール・ピケの祖父、アマドール・ベルナベウが自身のひ孫でありジェラール・ピケの息子サシャがFCバルセロナのソシオになるため、バルセロニスタの受付オフィス(OAB)を訪れたのに続くものとなっている。

[[BOTOVERMELL::ネイマールJr++::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/staff/players/neymar-jr::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

 


Neymar Jr y su hijo se hacen socios del FC... por fcbarcelona

バルトメウ:「バルサはみんなのクラブ」

「ハビエル・ファウスとカルレス・ビラルビと話し、この幹部会、そして会長であり被告の私へのサポートを続けるとの姿勢を見せてくれた。115年のFCバルセロナの歴史の中で我々は苦しんできたし多くの攻撃を受けて来たが、すべては上手く行った。今回のネイマールの件も良い結末になる」。これがネイマールとの契約に関係してFCバルセロナの会長が裁判所に被告として出廷することを受けて寄せられた質問に対するジョセップ・マリア・バルトメウの回答。さらに「バルサはみんなのクラブで、ソシオ間でも意見にバリエーションがある。誰もが自身の視点から意見する権利があり、そのすべてが尊重される」と付け加えた。

バルトメウはこう強調した。「ネイマールの一件は当初からすべてが奇妙で進展がすごく早い。その証拠が出廷要請の早さ。月曜に検察がそれを要請し、火曜には裁判官が許可した。この迅速さは裁判の世界では普通のことではなく、いろんなことを考えさせられる」。

上に戻る