fcb.portal.reset.password

ネイマール/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ネイマール Jr は、11月の代表ウイークでリーグ戦が止まる前に、見事な数字を打ち出した。バルサのブラジル人アタッカーは、公式戦14試合で12ゴールをマークし、チームの最多得点王だ。それに続くのは15試合11得点を決めているレオ・メッシだ。

ネイマールは昨季、前シーズンを通して決めた総得点数15ゴールまであとわずかの状態にある。実際、バルサの‘11’ 番は、アルメリアでリーグ戦で昨季、リーグ戦の記録を既に越えた。昨季、26試合に出場し、9得点決めたが、今季は、リーグ戦でプレーした10試合で10ゴールを決めている。

目を見張る成長

今季の開幕は、ワールドカップでの背痛を抱えており、また、足首にも違和感があったため、そのスタートはネイマールにとって簡単なものではなかった。だが、現在、リーグ戦のゴールランキングでは、クリスチャン・ロナウドに次いで、二位だ。 

このネイマールの成長は、ルイス・エンリケがネイマールの攻撃ポジションをより、センターに置いたことにも関係している。グラナダ戦 (6-0)では、バルサでリーグ戦初めてのハットトリックをマークした。ネイマールの成長は、  FIFA のバロンドール23人の中にノミネートという形でも証明されている。

上に戻る
_satellite.pageBottom();