fcb.portal.reset.password

ベルリンでのブラボ、マシップ、テア・シュテーゲン / FCB

2014/15年は、ゴールが一新してスタートを切った、クラウディオ・ブラボ、マルク-アンドレ・テア・シュテーゲン 、ジョルディ・マシップが、ビクトル・バルデス、ホセ・マヌエル・ピント、オイエル・オラサバルに代わって、ゴールを守ることになった。この三人のハイライトベスト10は、下記から。

1.  イギリスで初めて全員一緒に
バルサの3人の新加入キーパーは、プレシーズンを行なったサン・ジョージ・バーク(バーミンガム)のイギリスで初めて口をあわせた。ブラボ、テア・シュテーゲン、マシップはイギリスで、最初の3人揃っての撮影を行なった。


2.  テア・シュテーゲンのデビュー
クラウディオ・ブラボは、リーグ戦のスタメンにマルク-アンドレ・テア・シュテーゲンは、チャンピオンズリーグと国王杯のスタメンになった。公式戦でドイツ人キーパーは、アポエル戦にて9月17日にデビューを果たし、その試合の最後の方でみせたナイスセービングが、バルサに貴重な勝ち点3をもたらした。(1-0).



3. ブラボの新記録からスタート
チリ人キーパーは、リーグ史上の歴史を大きく破った。大会で最初の754分を無失点で過ごしたのだ。9節目のクラシコで、クリスチャン・ロナウドがその記録をPKで破ることになった。


4.  国王杯でのマシップのデビュー
ジョルディ・マシップの出番は、国王杯の32強で訪れた。ウエスカ戦でバルサユース出身のキーパーはカンプノウにてデビューし、バルサは8-1の大勝に終わった。


5.  ブラボ、メスタージャでの活躍
今季の中でも最もその活躍が目立った試合の一つなのは、疑いのないところだろう。バルサはバレンシアのスタジアムで、ブスケッツがロスタイムに決めたゴールのおかげで、勝利を手にしたが、それまでにチリ人GKは、何度となくチームを救い、中でも後半のネグレドの強烈なシュートを止めたのが鍵となった。



6.  アグエロのPKセーブ

ドイツ人GKは、チャンピオンズリーグのベスト16でのマンチェスターシティ戦で決定的な役割を果たした。バルサは第一戦を 1-2 で収め、第二戦を1-0ですすめていたが、イギリスのチームに有利なPKが吹かれた。テア・シュテーゲンがクン・アグエロのシュートを見事にセーブしたために、バルサは終盤に向けて落ち着いて試合を手にすることができたのだった。


7.  リーグをもたらした手
バルサはビセンテ・カルデロンで5月17日、23回目のリーグ優勝を0-1で手にした。前半9分、クラウディオ・ブラボは、歴史的かつ決定的なプレーをみせて、ヒメネスのヘディングを見事なセービングで止めた。その後、メッシが勝利弾を決めた。


8.  ブラボ、サモラ賞
リーグ戦最後の試合は、バルサファンにとって全てが決まっているものであり、この試合ではジョルディ・マシップがプレーした。サバデルのキーパーは、全シーズンを通して行なってきた練習の報償としてカンプノウでプレーする機会を与えられ、このバルサ対デポルティーボ戦は、2対2のドローに終わった。


9.  マシップへの報償
リーグ戦最後の試合は、バルサファンにとって全てが決まっているものであり、この試合ではジョルディ・マシップがプレーした。サバデルのキーパーは、全シーズンを通して行なってきた練習の報償としてカンプノウでプレーする機会を与えられ、このバルサ対デポルティーボ戦は、2対2のドローに終わった。


10.  欧州チャンピオン
シーズンはベルリンでの三冠で終わった。テア・シュテーゲンがゴールの下に立ち、バルサはユベントスを1-3で制した。バルサの '1' 番は、UEFAの選出するベストイレブンに選ばれた。


El primer calentamiento de Claudio Bravo en la... por fcbarcelona


Así entrena Marc-André Ter Stegen con el FC... por fcbarcelona

上に戻る