fcb.portal.reset.password

ヘルシンキとの親善試合でのムニル / FOTO: FCB

良い成長をしていて、我々としては彼に対し大きな期待を寄せている。我々がムニルを召集したのは、すでに総合練習場にいたから」と話したのはスペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督。21歳以下の代表にいたカンテラ所属のフォワード、ムニル・エル・ハダディについて取材陣に問われ、こう答えた。プレシーズン、そしてリーガ開幕でのアスルグラナで上々な動きを見せたことがスペイン代表のスタッフを納得させた。代表レギュラーのチェルシーの所属選手、ディエゴ・コスタが負傷もあり、ムニルが今夜マセドニアとの2016年欧州選手権予選で代表デビューする可能性がある。

アスルグラナの代表デビュー選手たち

モロッコに祖先を持つ選手がスペインのフル代表デビューを果たせば、FCバルセロナはデル・ボスケのスペイン代表で最も多くのデビュー選手を放出するチームとなる。現時点でバルサの7選手がデル・ボスケのベンチから‘ラ・ロハ’にデビューした。ピケ、ボージャン、セルヒオ・ブスケッツ、ペドロ、ビクトル・バルデス、チアゴ、テジョが現代表監督から召集され、最初の国際試合をこなした。ムニルはこれらに続く選手になり得る。

ムニルのほか、バルサの5選手が代表合宿に参加している。セルヒオ・ブスケッツ、ペドロ・ロドリゲス、マルク・バルトラ、ジョルディ・アルバがそれ。常連メンバーのイニエスタは左ひざに違和感を訴え、リーガ2節のビジャレアル戦を欠場せざるを得なかった。


上に戻る