fcb.portal.reset.password

過去最高の国王杯タイトル

27回目の国王杯はFCバルセロナの掌中に落ちた。カンプノウは、見事な決勝の末、国王杯チャンピオンとなった。最近、6年間でバルサはこの国内での大会の堂々たる支配者であり、2008-09, 2011-12 、2014-15の3回とも決勝相手はアスレティック・クラブだった。

このような形で、バルサは(決勝38回中)27回目の国王杯を制し、その大会記録を広げた。バルサの決勝での相手が23タイトルを制して二位、3位は19回手にしているレアルマドリードだ。

全勝

ルイス・エンリケが率いるチームは、国王杯を完璧な形で終えて来た。32強では、バルサはウエスカを第一戦(0-4)、第二戦(8-1) 共に勝利を収めて終え、16強ではエルチェを5-0 、0-4で破り、ベスト8では、アトレティコ・デ・マドリードを相手に勝利をあげた。カンプノウでメッシが決めたゴールとカルデロンでの2—3のスコアがバルサの通過への切符を呼び込んだ。

最後の障害は、ビジャレアルだったが、バルサは、二戦とも3−1の成績を収め、決勝進出を決めた。このようにバルサは、27回目の国王杯を9戦全勝で収めて、制したのだった。

上に戻る