fcb.portal.reset.password

Leo Messi ha igualat la marca de 71 gols a la Champions League de Raúl González

レオ・メッシ は、記録を作ることに飽きることがない。今週の水曜日、アムステルダムで、再び、記録を作った。レオ・メッシは、今まで元レアルマドリードの選手、ラウル・ゴンサレスが唯一、保持していたチャンピオンズリーグでの史上最多記録、71ゴールを達成したのだ。 チャンピオンズリーグ4節にあたるアヤックス戦で、アムステルダム・アレナにて2得点を決め、バルサは試合を0−2で制することになった。

この71ゴールを決めるにあたり、メッシは、90試合に参戦し、この記録を作った。一方、ラウルは142試合に参戦している。

欧州大会に11年間

バルサの '10'番は、 2004/05年にチャンピオンズリーグデビューを果たした。.当時、17歳であり、1試合に出ただけで、ゴールを決めなかったが、その翌年、欧州大会でカンプノウにて、18歳でギリシャのパナティナイコスを相手にグループリーグ戦に出場し、2005/06には再び、チャンピオンズリーグでゴールを決めた。その翌年から、メッシのゴール嗅覚が爆発したのだった。 

2007/08年、チャンピオンズリーグの9試合6ゴールをマークし、翌年は12試合中9ゴールをマークした。それからは毎年、ゴールを決め続け、最低限でも、大会で毎年8ゴールは決め続けた。 

決勝ゴール

レオ・メッシは、バルサのトップチームに来てから、三回、チャンピオンズリーグを制覇しているが、そのうちの二回では、決勝の主役の一人となっている。 2009年、ローマでメッシはヘディングシュートを決め、マンチェスターユナイテッドを相手にした2ゴール目では、エトーの先制点の後、バルサの勝利を近づける役割を果たした。

その2年後、ウェンブレイでは、再び、マンチェスターユナイテッドを前に、レオ・メッシは再び、2ゴール目を決めた。だが、この時は、ルーニーが決めた同点弾に追いつくのに役に立つことに成った。


上に戻る