fcb.portal.reset.password

アヤックス戦でアルゼンチン人選手が挙げた得点のあと喜ぶレオ・メッシとネイマールJr / FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

レオ・メッシネイマールJrが引き続き得点に絡んでいる。2人のフォワードは最近5試合で計13をマーク、全試合で得点している。続けて火曜日にあったバルサ−アヤックス戦(3−1)でのデータをおさらいする。

2選手はチームの最多得点選手。ネイマールJr10点、レオ・メッシは9としている


アスルグラナの10番はチャンピオンズリーグ通算で69点。クリスティアーノ・ロナウドと同数で、大会歴代最多得点記録を持つラウール・ゴンサレスの記録にあと2と迫っている


レオ・メッシは今シーズン初めて連続出場時間をストップさせた。試合の65分、ムニルに替わりベンチへ退いた


ネイマールJrのバルサでの全25点のうち、10はチームが試合をリードする助けになっている


サンドロはアヤックス戦でアスルグラナ選手として自身3得点、チャンピオンズリーグでは初の得点を決めた。これまではビジャレアル戦(0−1)、レバンテ戦(0−5)というアウェー2試合でのゴールだった


ここまで欧州大会での3試合ですべてに先発出場したのは4選手のみ。テア・シュテーゲン、ダニ・アウベス、メッシ、ネイマールJrなっている


1ヶ月の離脱を経てラフィーニャが試合復帰した。背番号12の選手はバルサ−アヤックス戦で試合終了の19分前から姿を現した。同選手のこれまで最後のプレーはバルサ−APOEL戦(1−0)だった


ペドロは火曜の試合でイエローカードを受けた唯一のクレ選手だった


昨夜の試合でカンプ・ノウに集まった観客は79357。ここまでのシーズンで2番目に多い数で、唯一これを上回ったのはリーガ3節、バルサ—アスレティック・ビルバオ戦の8万181人だった

上に戻る