fcb.portal.reset.password

パラグアイ戦でPKを蹴るメッシ / CA2015.COM

アルゼンチン代表 は、チリで行なわれているコパ・アメリカでグループBのパラグアイとの対戦でドローデビューとなっった。サムディオのミスを生かし、クン・アグエロが先制点を決め、更にパラグアイのディフェンスは、ディ・マリアに前半35分、エリア内でファウルを犯し、PKチャンスを与えた。それをレオ・メッシが決めて、代表98試合に参戦しているメッシはそのゴール記録を46に伸ばした。メッシ、マスチェラーノとも、元バルサの監督タタ・マルティーノが率いるアルゼンチン代表戦でフル出場を果たした。

アルゼンチンは2点リードし、前半を折り返したものの、その後、パラグアイはネルソン・バルデスのポテンシャルあふれるシュートで1点を返し、更に途中出場したルーカス・バリドスラモン・ディアスの率いるチームに同点弾を与えた。1993年以来、タイトル制覇していないアルゼンチンは、優勝候補のプレッシャー下におかれ、ウルグアイとの対戦を迎えることになる。

試合データ

アルゼンチン: ロメロ、ロンカグリア、ガライ、オルタメンディ、ロホ、バネガ (ビジラ, 80分),マスチェラーノ、パストーレ  ( テベス, 76分); メッシ、アグエロ (イグアイン, 76分), ディ・マリア 

パラグアイ: シルバ、サムンディオ、アギラル、ダ・シルバ、M.カセレス、オルティス (デリルス・ゴンサレス 46分),オルティゴサ、 V.カセレス、ネルソン・バルデス、サンタ・クルス  (バリオス 79分)、ボカヂージャ (ベニテス, 66分)

Goles: 1-0 Agüero (min 29); 2-0 Messi (min 36, de penal); 2-1 Valdez (min 61); 2-2 Barrios (min 90)


上に戻る