fcb.portal.reset.password

昨年のアヤックス-バルサ戦でのネイマールJr / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナ は、今週の水曜日、オランダのスタジアムでアウェーチームとして8回めの試合を行う。現在まで、バルサのオランダでの試合内訳は、2勝3分2敗だ。

最後の黒星は、ちょうど1年前 (2-1)のアヤックス戦だ。 今年も再び、同じ顔合わせが繰り返されることになった。オランダでの最初の負け試合は、1978年3月29日まで遡る必要がある。 PSV がUEFA杯準決勝の第一戦で3-0で敗れたのだった。

オランダでのドローは、しかし、バルサが試合で優勢だったが、結果は引き分けたケースだ。それが1974/75年の欧州杯でのフェイエノールト線(0-0)であり、1977/78年のUEFAでのAZ アイクマール戦 (1-1)であり、1997/98年のUEFA杯での PSV  との試合だった(2-2)。

最後の勝利、1996

まさにそのPSV  が最後にバルサによって処刑されたチームとなった。このオランダの地における最後の勝利は、1996年3月19日まで遡らなければならない。ヨハン・クライフ のバルサが、UEFAのベスト8の第二戦で、ゼンデン、フィーゴ、セルジのゴールで勝利を収めたのだ。もう一つの勝利は、1983/84年のカップウイナーズでの第二節目であり (2-3)、NEC ナイメーヘンのピッチでの出来事だった。

上に戻る
_satellite.pageBottom();