fcb.portal.reset.password

バルサ−マンチェスターシティは、再び、チャンピオンズで対戦する。/ Fotomuntatge FCB

マンチェスターシティが、バルサのチャンピオンズリーグ16強における対戦相手になることが、今日、月曜日にスイスのリヨンで行なわれた抽選の末、決定した。

試合の第一戦は、マンチェスターで2月24日に行なわれ、第二戦は、カンプノウで3月18日のいずれかに行なわれる。
両チームの過去のデータと分析をここで振り返る。マンチェスターシティを率いる監督は、マヌエル・ペレグリー二だ。

マンチェスターシティは、二回に渡り、見事な結果を出して、敗退がほぼ決まっていた状態から一転し、進出を決めた。アグエロがバイエルンを相手に最後の瞬間に決めたゴールが貴重な勝ち点3をもたらし、その後、更に勝ち点3をローマを相手に手に入れた (0-2)。

バルサと‘シチズン’は、既にお互いを良く知っている。昨季の16強で対戦したばかりだからだ。ペレグリーには、その当時からの優秀な顔ぶれ、現在負傷しているがアグエロ、コンパニー、ランパード、ミルナー、マンガラ、コラロフ、ダビッド・シルバ、ツェコ、ナスリ、元バルサ選手のトゥーレ・ヤヤなどを揃えている。

両者同士の対戦データは、たった一つ。昨年のベスト16でのゲームのみだ。バルサは第一戦を2-1、第二戦を0-2で快適に試合を制して、進出を決めている。

[[BOTOVERMELL::内側からみる++FCBーマンチェスターシティ戦::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/article/season/2013-2014/the-inside-of-barca-city::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る