fcb.portal.reset.password

Suárez celebra un dels seus dos gols / MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナは、マンチェスターで見事な結果を手に入れた。バルサは、ルイス・スアレスの2得点のおかげで、チャンピオンズリーグ16強第一戦を1−2で制した。スアレスは、バルサのユニフォームを着て初めてのダブルゴールをマークし、イギリスであげた勝利の主役となった。

勝利は、ベスト8に向けての大きな第一歩となったと推測されるものの、最後にアグエロが決めたゴールー試合が1−2になったーと、シティが数的不利であり、その中でメッシが試合の最後の瞬間にPKを外したことがあり、わずかにほろ苦い後味に終わった。試合はカンプノウで18日に決まることになる。

両者の試合始めのコンセプトは同じだった。ボールを手にし、触り、試合を支配する。ルイス・エンリケは、セルヒオ、イニエスタ、ラキティッチを中盤においた。数週間前にこの顔ぶれでカルデロンを制していた。一方、ペレグリーニは、予想より攻撃的な2トップのイレブンに賭けた。ミルナーとフェルナンドが攻撃を担った。

バルサは前述の中盤にメッシが加わり、中央のぞーンから、対戦相手を崩した。それがルイス・スアレスの0−1を生み出した。スアレスはエリア内に落ちたボールをミスすることなく、ネットの奥に突き刺した。バルサの‘9番’は、30分に再び、2ゴール目を決めて、試合を決定的にした。
2得点目は、チームプレーの結晶だった。メッシ経由でーライバル3人を抜き去ったートライアングルを続けた後、アルバのアシストをスアレスが気持ちよく決めたのだった。
30分間で、FCバルセロナは昨季の素晴らしい結果と同じスコアを手にした。シティはそれをわかった上で、あきらめかけているように見えた。ネイマールJrとアウベスが二度、ループシュートを決めかけた。一方のシティはハーフタイムまで殆ど何もすることができず、ナスリが正面からロスタイムにおずおずとシュートを放ったのみだった。バルサの素晴らしい前半が終わった。

後半のストーリーは全く異なったものとなった。マンチェスターシティは一歩前進し、最初から全力で挑み、テア・シュテーゲンが守るゴールを躊躇することなく、責め続け、その砲撃は、10分近く続いた。FCバルセロナはハートで守りきった。
嵐が過ぎ去ったと思われた時に、アグエロの1−2がやってきた。バルサはクリシの退場を促し、第二戦に向けて試合を大きく前に進めた。試合の最後にハートがメッシのPKを止めたことが、カンプノウでの希望をシティにつないだ。シティが逆転するには、カンプノウで少なくとも2得点を決めなければならない。

上に戻る