fcb.portal.reset.password

インタビューを受けるルイス・スアレス. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・スアレスは2014/15シーズンのバルサの新加入選手の一人。到着そしてファンやメディアを前に行った入団発表のあと、スアレスを歓迎する番組の中でスアレスの生の声を聞くことができた。この様子は木曜日午後8時15分のバルサTV(再放送は同11時15分)で放送される。

移籍後初のインタビューで、スアレスはバルセロナでの歓迎にとても満足し感激しているとした。「そのあとピッチで取り戻すことを目指し、日々の練習を続けて行くための励みになる」と選手。スアレスは背番号9を付け、ルイス・エンリケのチームの最も強力なラインの一つ、前線を強化していくことになる。前線での自身の役目について、アスルグラナ選手は自分のことを「動きの少ない選手」でななく、むしろ正反対だと考えている。「僕はこれまで攻撃のすべてのポジションでプレーしてきた。僕はどこか一つのポジションでじっとしているフォワードではない」

僕は攻撃のすべてのポジションでプレーしてきた。僕はどこか一つのポジションでじっとしているフォワードではない

ウルグアイ人選手はすでに新しいチームメイトと一緒に練習しジョアン・ガンペール杯ではチームで最初の出場時間を得たが、グループ練習ができかなった日々のことを過去のものとして扱うとしている。選手はこの時のことを「変な」感覚があり、これまでの時間の経過が長かったと明かしている。しかしながら「再び練習できる可能性が与えられ、サッカー選手としての感覚を取り戻し、チームメイトと一緒に日々を過ごす結果になった

彼とバルセロナ、カタルーニャとの特別な関係はよく知られている。家族とのつながりのほか、新たにアスルグラナのフォワードとなった選手は若いときからバルサのファンで、可能なときはいつも街を訪れていた。「来る事ができるときはいつも街やスタジアムいったバルセロナの雰囲気を楽しんでいた」

上に戻る