fcb.portal.reset.password

2-1を決めたルイス・スアレス / MIGUEL RUIZ-FCB

ルイス・スアレス は、クラシコにおける主役の一人となった。バルサの‘’9番は、バルサTVの‘エル・マルカドール’に出演し、レアルマドリードを相手に決めたゴールは、「FCバルセロナに来てから、最も重要性のあるゴール」となったことを話し、「ホームの選手は、最もタフなライバルと戦っただけに、プラスの意味がある」と振り返った。

ゴールについて、「もし、うまくコントロールできなければ、ゴールを超えるか、大きくそれるかしてしまう。ラッキーなことに、シュートがうまくいった。アウベスのパスは最高によかった。プレーを呼んだものだった。アウベスが止まったのが見えた時、僕が動き、それに合わせて彼が完璧なパスを送ってくれた。カシージャスを見ることもしなかった。なぜなら、こういった状況ではいつも重なるものだからだ。普通なら、GKは近い方をカバーする」と説明した。.ゴールを呼んだダニ・アウベスのパスは、最高だった。 また、勝利にもかかわらず、スアレスは慎重さを忘れず、「勝利が最も高いポジション(首位)にいることをキープしたが、僕らの差はそれほど大きくないことはわかっている。レアルマドリードはレアルマドリードだ。僕ら次第にかかっている。努力を続けていかなければならない。なぜなら、リーグはまだ、手に入っていないからだ」と明言した。

上に戻る