fcb.portal.reset.password

カンプノウにルイス・スアレスのユニフォーム FOTO: GERMÁN PARGA-FCB.

Luis Suárez's shirt awaits him at the Camp Nou. PHOTO: GERMÁN PARGA-FCB.

ルイス・スアレスは、2014/15年、バルサの '9'番となる。アレクシス・サンチェスが最近、3年間つけていた背番号を引き継ぐ形となる。そのほか、過去にバルサの '9' 番をつけていたのは、リーグ戦で背番号が固定になってからは、ボジャン、イブラヒモビッチ、エトー、クライファート、アンデルソン、ロナウド、コドロがいる。

ルイス・スアレスと共に、バルサは 'ゴールハンター'を手に入れることになる。バルサはこういった性格のアタッカーを最近、10年間で18人獲得しているが、最も最近の例は2010年に獲得したダビッド・ビジャだった。最もビジャはカンプノウでは、右サイド寄りでプレーすることが多かった。

ワールドプレーヤー

1993年以来、バルサファンは、多くの優秀なセンターFWを見てきた。最初はPSVからきたブラジル人選手、ロマリオ、その3年後にはロナウドがやってきた。その他の世界的に知名度があるカンプノウにやってきた‘ゴールハンター’は、クライファート(98-04)、アンリ -左サイド寄りで成功した- (07-10) やイブラヒモビッチ (09/10)がいる。 

他にも、ピッツィ (96-98)、ラーション  (04-06)などもあげられる。二人ともバルサのサポーターの葉=とをつかんだ選手だった。また、サミュエル・エトーのように、クラブ史に残った選手もいる。その中には、期待された数字を残せなかったエスカルッチ、コドロ、ダニ、アルフォンソ、マキシ・ロペス、グッジョンセンなどもいる。

また、最近のセンターFWの例をあげれば、ルイス・スアレスは、最近7人目の南米選手となる。過去にはロマリオ、ロナウド、ピッツィ、アンデルソン、サビオラ、マキシ・ロペスがプレーしていた。

最近10年の ‘9' 番

93/94: ロマリオ
94/95: エスカルッチ
95/96: コドロ
96/97: ロナウド、ピッツィ
97/98: アンデルソン
98/99: クライファート
99/00: ダニ
00/01: アルフォンソ
01/02: サビオラ
04/05: エトー、ラーション、マキシ・ロペス 
06/07: グッジョンセン
07/08: アンリ
09/10: イブラヒモビッチ
10/11: ビジャ
14/15: ルイス・スアレス

上に戻る