fcb.portal.reset.password

Luis Suárez repassa el 2014 en una entrevista exclusiva / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]

ルイス・スアレスは、期待を込めて、2015年を迎え、FCバルセロナのユニフォームを来て目的を達成したいと願っている。クラブメディアの特別インタビューに答えたウルグアイ人アタッカーは、バルサの選手として公式発表されてから4ヶ月経った今、チームへの適応や現況について振り返った。

紹介された日に、「サッカーシューズを履くことができないから、足が痛い」と話していましたが、今、足の状態はどうですか?
「現在、僕の体調はずっといいよ。慣れた以上の状態だよ。余りにも長い間、サッカーシューズを履いていなかったので、最初の数日は少し、違和感を感じたんだ。日がたつにつれて、快適になってきたし、ずっと良くなったよ」

例の処分を終えてから、ほぼ、全試合に出場していますが、チームにこんなに早く適応すると思っていましたか。
「新しいチームに来た場合、それもバルセロナのようなチームであれば、常に適応は難しい。しかし、プロであれば、自分の手に終えないような、どのような状況でも、適応しなければならない。コンスタントに多くの試合にプレーできることは、自分にとってのメリットになるし、僕のように長い間、プレーしていなかった場合は尚更だよ」

最初から、ルイス・エンリケはあなたに全面の信頼をおいていました。監督には何を頼まれていますか。
「僕が以前していたことと同じことをやってくれ、僕のプレースタイルを変えるなと言われている。チーム全員の信頼があれば、僕のプレースタイルを通して表現するにも自由度があがるしね」

監督としてのルイス・エンリケの特徴を挙げるとすれば何になりますか?
「誰もが彼は要求度の高い監督だと知っている。毎日、高い要求を与えてくる監督と共に過ごすのは、一瞬も気を抜けないということだから、僕らにとってはメリットのあることだ。ここに僕がいることになった理由の一つは彼が必要として信頼してくれたからだとわかっているし、その信頼を毎週、僕に証明してくれている。毎週末、プレーできること事態が僕に自信を与えてくれる。僕がここに来ることになった理由を証明するために、精一杯、トライしているよ」

メッシについで、チーム内アシスト王2位ですが、チームにアシストするという役割については、どう考えていますか。
「アタッカーの役割は常にチームを助けることだ。アシストであれ、ゴールであれ、それは代わらない。もちろん、僕はアタッカーだから、ゴールを量産するのが好きだし、どのチームでもそれをしてきた。今はそのチャンスにどこまで恵まれているのかわからないけれど、チームメートの助けがあれば、やがてゴールはついてくる。その間、チームがこの状況でいて、大事な試合に勝っていられるということであれば、ゴールを決めようと決めるまいと僕は満足だよ」

プレーしながら快適ですか?
「もちろん、それがアシストであれ、ゴールであれ、僕はチームを助けていると信じている。時にアシストやパスを出すほうが、簡単なゴールを決めるよりも、自分を落ち着かせることになるものだよ」時にアシストやパスを出すほうが、簡単なゴールを決めるよりも、自分を落ち着かせることになるものだよ。

ネイマール、メッシ、ルイス・スアレス、バルサのアタッカー三人組に対して、対戦相手のチームが恐れをなすと思いますか?
「怖がるかどうかはわからないけど、FCバルセロナはクオリティの高い選手がいるから、用心はしてくるべきだろう。誰もがレオやネイマールの手にしているクオリティをわかっている。だからといって相手を卑下する必要はないが、試合を決めるクオリティがあるのだから、気をつけなければならないのは確かだ。二人は長い間、一緒にプレーしているし、うまくいっているのがわかるし、試合を通してそれが見える。チームにとっても良いことだ」

メッシやネイマールと一緒にプレーするのは、容易ですか?
「Sí、なぜなら、彼らは信じられないようなことをするし、実際、想像もつかないようなことを行なうんだ。日がたって、練習でも試合でも、彼らの持っているクオリティの高さに目がいくようになる。本当に彼らの隣でプレーするのは、とても簡単なことなんだ」

それぞれの特徴をあげるとしたら、何になりますか?

「ネイマールはそのクオリティとプレー内容に驚かされる。個人プレーではそのスピードに僕は驚かされたよ。彼が速い選手なのは知っていたけれど、ピッチでそれを見て改めて驚かされたんだ。メッシは3、4人もいる選手を軽々と抜き去っていくその能力に本当に驚かされたよ」


FC バルセロナはここ数年、センターFWが固定しない状態で来ました。‘9番’が固定することについてはどう思いますか。
それぞれの監督にプレースタイルと戦術がある。だからこそ、チームは時に圧力を感じるし、息苦しくなることがある。固定したフォワードとディフェンダーがいれば、中盤にはもっと空気が通りやすくなるし、それはセンターフォワードの隣にいるサイドアタッカーにしても同じだよ」

プレミアムリーグとスペインリーグでは大きな差がありますか?
プレミアムでは、リバプールはディフェンシブにくるチームと対戦することはあまりなかった。常にプレーするためのスペースがあった。ディフェンダーは強くスピードがあり、背が高く、フィジカル的にも大きい選手が多かったから、それには慣れていた。ここはもっとそれをテクニックで補っている。バルサがどんなふうにいためつけるかを知っているから、それだけにディフェンシブに来て苦しまされることが少しある」

チャンピオンズリーグの抽選では、マンチェスターシティに当たりましたが、最も難しい相手の一つですか?
「当たる可能性のある中で、最も強いチームだと思う。シティのことは誰もが知っているし、選手の持つクオリティも知っている。僕らも彼らとは対戦したくなかったし、それは相手も同じことだ。僕らはチャンピオンズリーグで勝つためには、間に立つ強い相手を片付けていかなければならないとわかっている。シティを通過しなければならないというのは、良い目的だし、通過して証明しなければならない。私達はバルセロナなのだから」チャンピオンズリーグで勝つためには、間に立つ強い相手を片付けていかなければならないとわかっている。

チャンピオンズリグで優勝するには、にぶつかるあらゆる強敵を倒さなければなりませんが、リバプルにいたのことを振り返り、ペレグリニの率いるチムの特をあげるとしたら、いかがですか。

「非常に速く力強い典型的なイギリスのディフェンダーがいて、スペースを見つけるのが難しいチームだ。攻撃に関して言えば、非常に高いクオリティを持っていて、偉大な監督とここ数年、証明しているように、一瞬で勝敗を決めることができるクオリティのある選手がいる。」

この試合に勝つためには、バルサは何をしなければならないでしょうか。

「最初の90分間、集中することだ。それは非常に長い時間であることを意識し、その間、ピッチに全てを投げ打つ必要があるということだ。私達にとって非常に大事なことだし、また、全瞬間、一致団結している必要がある」

2014年が終わりますが、この1年を振り返ってどうですか。

「個人的にハードでつらい思いをしたのは確かだが、いまだにうまく分析できない。僕はFCバルセロナにやってきて、夢をかなえたのだから、その意味で信じられないような年だったと言っていいだろう。バルサにプレーしに来るのは夢だったが、個人レベルでは忘れたい出来事を過ごした瞬間もあった」

最後に2015年に望むことは何ですか?
「まずは健康と僕の家族が健やかであることだ。プロレベルでは、とても多くの成功を望んでいる。僕らは多くの成功を手にすることができるクラブにいるのだから。シーズンの終わりには、何らかのタイトルを手に出来るように、努力したい」

バルサ史上のどのFWが一番、好き?

「ロナウディーニョは、キャリアの中で最高の時代をここで過ごしたと思う。彼を見るのは素晴らしかった。彼がディフェンダーを抜き去るそのキャパシティがとても好きだった。メッシについては話せない。僕と同い年だからね。彼が最高だということだけは言えるよ」

上に戻る