fcb.portal.reset.password

ゴールデン・シュー授賞式に参加したダルグリッシュとスアレス. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

ルイス・スアレスは絶好の状態でエル・クラシコを迎えることになりそう。バルサの背番号9の選手は、自身が主役となったヨーロッパ・ゴールデンシュー2013/14の授賞式でそう答えた。「ウルグアイ代表で2試合に出場したあと、フィジカル的に僕の調子は良い。状態は100%」だと話した 今は特別な気持ちがある。だって僕はずっと居たいって思っていたクラブにいるんだから前日に出場停止が明け、サンティアゴ・ベルナベウでの実現可能な公式戦デビューについては「一人のサッカー選手として常にあらゆる試合に準備すべき。バルサの選手としてベルナベウでデビューするということは、ずっと存在するライバル関係を考えると特別なものになり得る。監督の指揮下に入り、最終的には彼が決めること」とした。

アスルグラナでのチーム適応について問われると、スアレスは即答している。「僕は適応期間など存在しないというメンタリティーを持っている。ピッチに入るように努め、これまでにやってきたようにプレーする。サッカーをし、楽しむ。今はその気持ちが特別強い。だって僕はずっと居たいって思っていたクラブにいて、ここではほかのクラブでしてきたことを同じようにやるよう努めていく」。最後に、ウルグアイ人選手は毎週末に試合に出られない状況について話した。「それはもう過去の話。辛抱強さを持って臨んだ。チームメイトとともにロッカールームにいて彼らと日々を過ごせたのは僕にとって良かった。今とても快適にやっている」と言う。24日金曜には出場停止が明ける。その翌日、マドリードでクレ選手として最初の瞬間を迎える可能性がある。


Luis Suárez recibe la Bota de Oro 2013/14 por fcbarcelona

上に戻る