fcb.portal.reset.password

バルサのユニフォームを纏うルイス・スアレス / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

Luis Suárez, abans de sortir al camp d'entrenament de la Ciutat Esportiva / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・スアレス は、木曜日に、FIFAの処分に関するTASの決定を受けて、金曜日、FCバルセロナの選手として初練習に参加した。練習後、バルサTVと公式サイトに応対したスアレスは、練習後の最初の印象を語った。「再び、サッカー選手として感じることができて、チームメートと一緒にいられてとても嬉しい。早く始めたい気持ちでいっぱいだった」と明言した。

新アタッカーの獲得は、数週間前に決まっていたが、選手はチームと共に練習することもかなわずにいた。ルイス・スアレスは、その状況は「難しいもの」だったと話し、「僕にとっては居心地の悪い状況だった。僕は自分が犯したミスを払っているし、謝罪もしたし、この件については忘れるべきだ」と話し、また、バルサの9番は、「常にプレーしたいと夢見ていたクラブ、FCバルセロナにいられるという未来のことを考えたい」と付け加えた。ここからは、再びプレーして、ファンとふれあい、カンプノウのようなスタジアムでプレーできる感触を得ることをひたすら、期待している。

選手は、新たなサポーターの前に、来週の月曜日、ジョアン・ガンペル杯チームの公式発表でお目見えする。ルイス・スアレスは、「ここからは、再びプレーして、ファンとふれあい、カンプノウのようなスタジアムでプレーできる感触を得ることをひたすら、期待している」と話した。

最後にウルグアイ人アタッカーは、移籍が決まってから、クラブから受けた援助に感謝し、「この最近の数週間、クラブが僕にしてくれた全てに対して、とても感謝している。僕にとても良くしてくれたし、感謝している。僕の挑戦であるバルサでプレーすることが叶えられたのだから」と話した。

上に戻る