fcb.portal.reset.password

メディアの前で入団発表するスアレス/ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]マスコミの数65に、100人以上のジャーナリスト、テレビ局20局・・・カンプノウの記者会見場は、ルイス・スアレスの入団会見前に、小さく感じられたほどだった。ウルグアイ人選手は、月曜日に幸運にもジョアン・ガンペル・トロフィーの試合で、バルサのユニフォームを身につけ、 プレーすることができた。カンプノウでの最初の感触をきかれたスアレスは、まず、彼を新r内してくれたククラブ、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長を始めとし、チームメートや大拍手で彼を迎えたサポーターまで感謝の意を述べた。「FCバルセロナでプレーするという夢を叶えさせてくれてありがとう」 とバルサの‘9番’は、小さい時からの夢だったと明かし、「ここに来る可能性があると知った時、迷いは全くなかった」と明かした。

初戦から24時間もたっていないが、スアレスはカンプノウのピッチに立つという経験が特別なものだったことを認め、「ここでプレーしたことは一度もなかった。すごく気に入った。まだ今でも信じられない。僕のこの素敵な夢が本当に叶いつつあるなんて想像できない」と話した。僕のこの素敵な夢が本当に叶いつつあるなんて想像できない。
これからは、FIFAの処分が明け次第、ルイス・エンリケの指揮下でプレーできるように、準備しなければならない。それがあけるのが、10月24日のベルナベウでのクラシコとちょうど重なる。「ハードに練習し、デビューの時はフィジカル的に強い状況でいられるようにした」と話したスアレスは、チームメートと練習してからは日々がもっと早く過ぎて行くと認め、「あと2ヶ月はつらい日々が待っているのはわかっているが、それはもうわかっていることだ。僕のメンタリティは、10月末に準備が整っているように練習したいということだけだ」痛むのは、サッカーシューズを使うことのな両足だよ。
処分について、ルイス・スアレスは、もう、過去のこととしてページをめくりたいと話した。「この件が起こった時、僕はとても落ち込んでいた。現実を受け入れなければならんず、その後、謝罪したが、もう、過去のことだ。現在とバルセロナのことを今は考えるべきだ」 と話し、4週間、一人で練習を積んでいた間は、特に膝の強化に務めたと明かした。「痛むのは、サッカーシューズを使うことのな両足だよ」と表現した。また、ルイス・スアレスは自身をスター選手のようには感じておらず、「僕にとってスターは天にあるものだ。僕はここにチームにタイトルをもたらすのを助けるためにやってきたんだ」と話し、今後、スアレスをルーペで見るようになるのでは、という問いに対しては、「そういったことには慣れているから」と意に介さない様子を魅せた。


Suárez: "Gracias por hacerme cumplir un sueño" per fcbarcelona
上に戻る