fcb.portal.reset.password

バルサBの親善試合で得点したルイス・スアレスとフェルメーレン / FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

Luis Suárez scored his first two goals in a Barça shirt / PHOTO: GERMÁN PARGA - FCB

ジョアン・ガンペル練習場で、今週の水曜日、ルイス・スアレスとトマス・フェルメーレンのバルサのユニフォームでの初ゴールが見られた。二人は、バルサBと共に、インドネシアのU-19と共に対戦し、試合は6−0で終わったが、二人とも、それぞれゴールを決めた。

スアレス、積極参加

現在、ブラジルワールドカップ中にFIFAから受けた謹慎処分が終わるのを待っているバルサの新アタッカーは、まだ、公式戦には出場できないが、親善試合で90分のフル出場を果たし、攻撃に積極的に参加した。前半12分、スアレスバルサのユニフォームを着て、最初のゴールをマークした。ディフェンスのマークをスピードで勝って外し、クロスシュートを放ち、エウセビオ・サクリスタンが率いるチームのスコアを2-0にした。また、後半に左足で正面からゴールぎりぎりにシュートを放ち、4-0にする得点も決めた。

フェルメーレン、初プレー

ブラジルワールドカップでハムストリングを痛めたベルギー人ディフェンダーは、まだ、バルサで1分もプレーしていなかった。現在、リハビリの最終段階にあるフェルメーレンは、そのフィジカル状態をあげ、試合勘を掴むために、親善試合に参加した、スタメンで左サイドバックとしてプレーし、63分にアゴスティーニョ・サと交代した。また、フェルメーレンはバブンスキーのセンタリングを受けて。ヘディングシュートを決め、先制点をマークして、初ゴールをあげた。




上に戻る