fcb.portal.reset.password

Luis Suárez celebrant el seu gol a San Mamés / MIGUEL RUIZ-FCB

ルイス・スアレスは、昨夜、サン・マメスのスタジアムで3節ぶりのゴールを決めた。ウルグアイ人アタッカーは、メッシネイマールペドロと共に、試合でゴールを決めたが、リーグ戦で得点したのは、バルサがカンプノウでアトレティコ・デ・マドリードを前に勝利した3−1の試合以来のことだった。

試合後、ピッチでスアレスは「ナーバスにはなっていなかった」が、ゴールとなかなか、巡り会えなかったことを「心配していた。僕はとても自分自身に厳しいから、僕が提供できる全てを生かしてチームを助けることが出来ない時は心配する」と明かした。

アスレティック・クラブとの試合については、「この手の緊張感高まる試合は、最大限の力を出さなければならないことを僕らは理解している。彼らは高い位置でとてもうまくプレスをかけてきたし、僕らは試合の最初の1分から集中していかなければならないとわかっていた」と話した。

スアレスのシュートが20分にイライソスに止められたプレーについて聞かれると、「信じられないセーブだった。ボールが入りたくなかったんだと考えた」と応えた。それから少しして、ゴールを生み出した。

また、メッシやネイマールとプレーする感触について聞かれたスアレスは、「僕にとって、こういった素晴らしい二人と一緒にプレーし、一緒に楽しめ、最高レベルで練習できるのは、本当に名誉なことだ」と応えた。

ネイマール

「とても難しいスタジアムでの、非常にハードな試合だった。僕らは良いスタートを切って、最終的にゴールを決めて、勝利を手にした」

「僕らの調子は良くなる一方だ。いつも、このラインで行かなければならない。僕らは調子がいいが、もっと向上し続けるために練習し続けなければならない」

「僕のゴール以上に大事なのは常にチームメートを助けることだ」

「僕たちは止められない。前進し続けなければならない」

チャビ

「僕らはとても満足している。感触はとてもよいものだった。僕らは最初の1分から最高の試合をした。テンションが高く速いリズムのボール回し、勇敢さを持って戦い、僕らはフィジカル的にもすごく調子が良いと感じている。最大限に練習しているし、この感触はすごくいいものだ」

「アスレティック・クラブは、すごく高い位置でプレスをかけてきた。僕らはディフェンダーが残したスペースを行かせた。殆どの試合では、この手のスペースはないが、高い位置に三人の選手がいるのだから、チャンスがあれば生かさなければならない」"

「もうミスすることは許されない。もう、アノエタでミスは犯したのだから。今の感触はとてもいいものだ。僕ら次第になっている。僕らの調子はいい。これを生かすべきだ」


Luis Suárez: "Soy muy autocrítico pero sabía... per fcbarcelona

上に戻る