fcb.portal.reset.password

Luis Enrique damunt la gespa de l'Allianz Riviera / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・エンリケの率いるバルサは、プレシーズン2試合目を終えた。試合は1対1のドローに終わったが、ルイス・エンリケは結果については「最も興味のない点」と重要性がないことを強調し、「これらの試合はそれぞれの選手がどの位置にいるのか、どこを克服しなければならないのかを伝えるのに役立つ」とシーズンに向けての試合の位置づけについて話した。

また、前半、バルサのトップチームが「スペースを見つけられなかった」のと比較して後半、良くなった部分を取り上げ、「後半はいい内容のプレーを通してチャンスを増やした」と話した。ちょうど後半から出場した選手に、チャビ・エルナンデスがいたが、ルイス・エンリケはコーチスタッフと話した結果、チャビが「フィジカル的にもモチベーションという点からも最高の状態にいる」と話し、全シーズンを通して他の選手同様、チャビに期待していると話し、「シーズンをスタートする選手全員とシーズンを終えたい」との希望を述べた。

ルイス・エンリケは、新補強選手についても話し、彼らがうまく適応していることに感謝した。まだ、やるべきことはたくさん残っているが、「理にかなった正しい道を僕らは進んでいる。大会が始まる前に期待するのは、期待し過ぎだ」と釘を刺し、また、クラブがまだ補強について研究していることも明かした。

・選手のリアクション

ジェラルド・デウロフェウ

「難しい試合だった。僕らはドローに終わったが、勝てるチャンスがあった」

「ニースは長い間、練習してきているのがわかった」

「監督は僕にディフェンス面を向上するよう、求めている。苦労しているが、毎日、トレーニングを積むことで達成できると信じている」

「みんながルイス・エンリケははっきりした考えを持っていて、それを僕らに伝える監督だとわかっている」

マルク・バルトラ

「個人的には、とても気持ちよくプレーできた」

「マテューとそのデビューに満足している。早く適応することは大事だ」

「チャビはチームを率いることができると証明してきたし、今日も僕らを助けてくれた」

「僕らは日々、向上していると確信している」

[[BOTOVERMELL::ドローの試合後++選手のリアクションはここから::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/article/drow-in-niza-by-las-redes-sociales::HOR::::NO-TRACKING::::::]]


モントヤ、右足首打ち身

左サイドバックのマルティン・モントヤはスタメンだったが、前半の途中で右足首を痛め、退場した。次戦以降の出場は、回復具合によって変わってくる予定だ。


上に戻る