fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, amb Unzué, en l'entrenament d'aquest divendres / MIGUEL RUIZ-FCB

リーグ戦終了まで、あと3節を残し、更に国王杯決勝とアリアンス・アレナでの試合を第一レグで良い結果を出した後、残すところとなった現在、ルイス・エンリケは、レアル・ソシエダを前にして「勝つのに難しい試合なのは、承知している。これはリーグ制覇の可能性を与えてくれる魅力的な試合なのだから」と話した。そのほか、前日記者会見の抜粋は、下記から。

レアル・ソシエダを迎え

「次の試合は絶対勝たなければならないと確信している。残りのリーグ戦で全勝しなければならないかどうかは、その後にわかる。殆どのチームが何かを賭けて戦っている」

「あのハードなチャンピオンズリーグの後に危険性が秘めているのは確かだが、リーグ戦が終わる寸前であることが、私達にとっての試合の重要性を最大にしている。リーグ優勝を達成するための鍵は、この勝ち点3を手にすることにある

チームのナイスプレー

「ゴールを決めて無失点に抑えるこは、攻守において鍵になっている。攻撃し、守るためには全員が必要だということを考えなければならない」

「シーズンが終わるにつれて、目標がより近くなるのは当然だし、選手はモチベーションをあげている」

「今、私達は今季、最も甘い瞬間にいるが、シーズンの終わりがやがてやってくる。その時に、私達が目標を達成できる力があったかどうかを評価することになるだろう」

今シーズン

私達は素晴らしいリーグ戦を行なっている。それは数字が証明している。レアルマドリードのように同じようにやっているチームがある。このリーグは競合が最も激しいリーグの一つだからこそ、駅エキサイティングでモチベーションがあがるものとなる。私達次第で決まるという幸運を手にしている」

「あと5試合のこっている。もし,私達がバイエルンより上なら、6試合だ。後、6回決勝が残っているかのように考えている」

「今季は、全員揃って、ここまでやってきた。ラインアップを決める際には全てを考慮にいれる。インテンシティやフィジカル的消耗などだ」

ストライキの可能性

「試合ができない瞬間が来るとは思えない。話し合いを行なわなければならないだろう。全員にそれぞれの理屈がある。主役の選手達のことを私達は考えなければならない。最初の予定していたように、シーズンが終わるべき時に終わることを願っている」


Luis Enrique: "Es el momento más dulce de la... by fcbarcelona
上に戻る