fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, en l'entrenament d'aquest divendres. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

[[DES_1]]バジェカスを訪ねる前の記者会見で、ルイス・エンリケは、バルサの対戦相手について「ラヨは特に僕が好きなチームだ。大げさに騒ぎ立てず、試合を難しくし、ボールの使い方をよく知っている」とほめあげ、「多くの予算を使わずに魅力的なサッカーをする好例だ。指針となるチームだ」と続けた。「その全てにおいて、ラヨと監督がとても好きだ」と話した。

パコ・ヘメスについては「サッカーのアイデンティティがあり、それを選手に伝える術を知っている。僕が好きなサッカーをするからこそ、彼とは同調できる。素晴らしい仕事をしていると思うし、十分すぎるほどビッグチームを率いる裁量がある」とコメントした。
パコ・へメスは素晴らしい仕事をしていると思うし、十分すぎるほどビッグチームを率いる裁量がある。
また、ルイス・エンリケは、「とても難しい試合になる」と覚悟しており、「高い位置からプレスをかけてくるハードな試合」になるだろうと予想した。「両チームとも欲しいものは同じだ。ボールが勝利の鍵となる」とはいえ、「一番大事なのは、最後のスコアなのは間違いない」と明言した。

継続して進化

ルイス・エンリケは、パルク・デ・プランスでの試合とは「違う試合」だと評したが、今季、最初の黒星について「対戦相手の前にミスを犯せば、それを払うことになる。確かに僕らにとって最良の日ではなかったが、合格点以上の試合内容をみせた」と話した。

先日の黒星にもかかわらず、ルイス・エンリケは選手の成長について非常に楽観的であり、「継続して進化している。長い道だし、多くのチェンジやバリエーションがある。シーズンの最後にどこにいるかがわかる。現時点では、チームの状況と選手がいかに練習しているかに非常に満足している。いい方向に行っていると思う」と話した。

また、ルイス・エンリケは、「批判の前には中立的なポジションをとる」と話し、「ホーム(クラブ)のことをよくわかっているし、もう、サッカーに従事して長い。批判は理解しようとするものではなく、受け入れるものだ」といい、とはいえ、批判されても、それが「やり方や考え方を変えることはない」と断言した。

ラフィーニャとフェルメーレンの状態

ルイス・エンリケは、ラフィーニャについて「いい感触を手にしているし、違和感は消えた」と話したが、フェルメーレンについては慎重に話し、「昨年、殆どプレーしなかった後だから、リスクを犯さない方がいい。近いうちに完璧な状態で僕らと練習参加できるだろう」と話すにとどめた。

上に戻る