fcb.portal.reset.password

ルイス・エンリケとスタッフコーチ / MIGUEL RUIZ-FCB

ロサレダで行われるリーグ戦5節、マラガとの対戦前にトップチーム監督のルイス・エンリケが記者会見で話した内容は、以下の通り。

1.「チームを常識感覚をもって管理している」

2「私の唯一のオブセッションはチームをより良くすることだ。影響を与える多くの要素があるが、チームをより良いものにする、私達はその一つだけに集中している」

3「チームは常に個人より上に来る」

4「難しい試合になる。リーグでの殆どのアウェー戦はそうだ」

5「目標はライバルよりチャンスメイクをして、より向上しつつ、勝利を手にして戻ってくることだ」

6「ボールを手にしていない時は、11人でディフェンスし、ボールを手にしている時は11人で攻撃する」

7「ロケ・サンタ・クルスやラバットのような選手も心配だし、オルタ、ドゥダ、カスティレホなど、ロングボールにポテンシャルのある選手も心配だ。セットプレーもそうだ」

影響を与える多くの要素があるが、チームをより良いものにする、私達はその一つだけに集中している。

8「首位で居続けるためのモチベーションを与えるのに役立つ難しい試合になるだろう」

9「ディフェンス面に関しては、向上できる点が多くあると思うし、僕らはもっとその点を向上させる。それは失点しないという意味ではない。いつかは失点するだろう」

チームの攻撃バリエーションを信じている。

10 「セカンドラインからシュートするように選手には言っている。チームの攻撃バリエーションを信じている。どんなシュートでもゴールになりうる。ポテンシャルをあげ続けていく」

11「マテューは、チームにクオリティを加える選手だから、獲得した。バランスが非常にいい。サイドバックとしても左センターバックとしてもプレーできる」

12「ピケの態度はすばらしいよ。僕らは彼の楽観的で、人が言い性格が僕は大好きだ。我々を助けてくれるのに、完璧なコンディションにあると思うよ」 

上に戻る