fcb.portal.reset.password

国王杯に期待を込めるルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・エンリケ haは、今週の土曜日、21時半からカンプノウで行なわれる国王杯決勝前に記者会見を行なった。バルサはアスレティック・クラブを前に、27回目の国王杯性はを目指す。ルイス・エンリケは、期待を持ってこの試合に高いモチベーションで臨み、「プレーできる試合の中でもその生み出される雰囲気といい、タイトルがかかっている事実といい、最もすてきな試合の一つだ」と表現した。 

「アスレティックはプレーしにくい相手だ。つねにボールを狙ってくるし、プレスをかけ続けてくる」と対戦相手を表現したルイス・エンリケは、それでも、カンプノウでタイトルを得ることを期待しており、その意味では「最高の状況で迎えている」と自信をみせた。また、ルイス・スアレスがフィジカル面で調子がいいこともあわせて、明言し、リーグ戦で行なった試合と似たような試合を臨んでいると認めた。「ゴールを決め、相手を痛めつけるプレーのシチュエーションを生み出す必要がある」と話した。

その他、記者会見で話した概要は、下記のとおり。

最高のモチベーション

「モチベーションをあげるためにビデオは全く使わない。勝とうとする興奮が十分にある」

「完璧なシーズンを過ごし、大会で多くの試合を終えたあと、最高の瞬間にたどり着いた。私達の期待は最高潮だし、目の前のタイトル以外のことは考えない」

「私は、11人の選手だけとプレーするのではない。ここまで私達を連れてきてくれた23人と共にプレーするのだ」

サポーターの役割

「アスレティックのサポーターは、とても強力なタイプだが、両者のサポーターは良い関係を保っているし、チームを全力で応援するだろう」

「自分のチームを信じることが、どんなサポーターにとっても特徴だ。だが、プロは90分間、タイトルをかけてプレーすることの難しさをわかっている」

カンプノウが舞台

「相手チームの控え室を使うのは、奇妙な気分だが、選手はプロだ。多くの異なったスタジアムでプレーするのに慣れている」

「歴史を通して、私達はホームスタジアムで多くのチームが負けるのをみてきた。私達のホームスタジアムではあるが、雰囲気は異なったものになるだろう。サッカーをプレーするのに完璧な舞台となるだろう」


Luis Enrique: "Es uno de los partidos más... por fcbarcelona
上に戻る