fcb.portal.reset.password

記者会見でのルイス・エンリケ/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ルイス・エンリケはチームが 2014/15年のリーグでビューに向けて.「期待感にあふれている」と表現し、ガンペル杯での紹介と同じように胸を弾ませてスタートすると話した。「エルチェが簡単にプレーさせないように準備してくるのもわかっているし、戦術的にディフェンス面を非常に良く勉強しているチームなのもわかっている」と警戒した。試合は今週の日曜日だ。 (21時, Canal Plus局).

監督にとって、エルチェとの対戦が現時点で最重要なものだ。「将来は輝かしいものかもしれないが、現在のことが心配だ。それは目の前のエルチェ戦だ。メンタルレベルで僕らはデビュー戦への期待に満ちているし、リーグ戦を勝利で始めたいという野心もある」と話した。将来は輝かしいものかもしれないが、現在のことが心配だ。それは目の前のエルチェ戦だ。また、ホームでの試合に関して、当日まで召集リストを出さないことも伝え、「スタメンの選手には試合の1時間半前に伝える。競合があって欲しいし、全員がスタメンだと感じてほしい」と説明した。また、遠征に関してはできる限り、当日に行ない、選手が「家族との環境」で最大限に過ごせるように配慮することも伝えた。

エルチェとの試合のスタメンは決まっているが、そのヒントは与えなかった。また、ペドロとネイマールJrは、それぞれ、胃腸炎、レベル1の捻挫を抱えていたが、「日曜日に性格なフィジカルの状態がわかるだろう。基本的には二人とも数にいれている」と明言した。現チャンピオンのアトレティコが一番、有利だろうし、敬意を払うべきだ。ルイス・エンリケは、このリーグ戦において、最大のライバルは、アトレティコ・デ・マドリードとレアルマドリードだと話し、今週、スーパー杯が行なわれ、アトレティコ・デ・マドリードが勝利を収めたことについては、「現チャンピオンのアトレティコが一番、有利だろうし、敬意を払うべきだ。同じアイディアで続けており、それも昨年より更に完成されている。チャンピオンズでも成功を収めるだろう」と話し、レアルマドリードについては、「永遠のライバルだし、彼らは良く補強している」と話した。

続けて、「僕らは期待感からスタートしている。昨年は何も勝てなかったが、僕らの期待感と持っている希望に勝てるものは誰もいない」と話した。

最後にルイス・エンリケは、「メッシは最高の状態にいる」と断言し、「他のチームメート同様に、期待感を持っているし、再び、結果を手にしたいというやる気でいっぱいだ」と付け加えた。カンプノウのリーグ戦開幕に向けて、全準備が整った。

上に戻る