fcb.portal.reset.password

金曜日の練習でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ-FCB

ルイス・エンリケ・マルティネスは、通常の慣例を破り、デポルティーボ戦(現地時間18時半キックオフ)でプレーする二人の選手を記者会見で、事前告知した。一人は、シャビ・エルナンデスであり、この日がカンプノウでプレーする最後のリーグ戦になり、この日、スタメン出場が確実なものとなった。また、トマス・フェルメーレンは、バルサの選手として初めてデビューすることも明らかになった。 

 既にリーグ優勝が決まっているため、デポルティーボ戦の試合で賭けるべきものはないものの、私達に残されている決勝を補強するのに役立つとし、「プロとしての観点から試合を見ている。はっきりとフィエスタがあることはわかっているが、そこには試合がある。チームが良いレベルでプレーすることに疑問の余地はない」と話した。私にとっては、シャビは、まだ、数年間、バルサでやっていけるレベルを手にしているが、彼の決断だ。

シャビの退団については、「彼が感じていることを基盤にして決断を下している。彼が担った役割は、私が大体、想像していた通りのものだった。私にとっては、まだ、数年間、バルサでやっていけるレベルを手にしているが、彼の決断だ」とコメントし、バルサの6番との共に過ごした経験を「素晴らしかった」を表現し、シャビの今後について「本人と彼の家族にとってすてきな経験となるように」願っていると付け加えた。

また、トップチームに期待する決勝に関しては、とりわけ、周囲の空気について望み、「国王杯の決勝は、非常に特別なものだ。雰囲気は最高だし、スタジアムはそれぞれのサポーターに二分されている」とアスレティック・クラブとの決勝について、話した。また、ユベントスについても、「非常に賑やかなサポーターがついている」とイタリアでの経験から語った。

上に戻る