fcb.portal.reset.password

記者会見でのルイス・エンリケ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

リアソールでの試合を前に記者会見場に現れたルイス・エンリケは、天候上の問題でピッチのコンディションが整っていないだろうということ、また、デポルティーボは危険な降格ゾーンから遠ざかるために戦っていることを指摘した。ルイス・エンリケは、遠征が困難なことも含め、「アウェー戦ならではの難しさに向き合うことになるのは論理だ」と話し、「アウェー戦はホームゲームより難しいのには多くの理由がある」と付け加えた。その意味で「デポルティーボは試合中に問題を起こす可能性のあるチームだ」と話した。

ビクトル・フェルナンデスの率いるチームは、現在、降格ゾーンより勝ち点1点分上におり、その状態で、何週間も週に2試合をこなしているバルサを迎える。「選手が完全に回復するのを待って準備したいが、ビッグクラブは3日ごとにプレーすることに慣れている」とルイス・エンリケは説明した。我々は全試合に勝つ義務がある。他のことを考えることはできない。

これだけスケジュルがまった中だが、ルイスエンリケは「はデポルティにのみ集中することを知っている」とし、「我々は全合に義務がある。他のことを考えることはできない」と付け加えた。バルサは水曜日にアトレティコマドリドを制して、国王杯のベスト8に進出したばかりだが、ルイス・エンリケは「明日の試合のことしか興味はない。後からくる試合については、話す時間があるだろう」と答えた。.

リアソールでの試合に向けて、最後の試合で足首を痛めたネイマールは大丈夫だと伝えた。その一方で、チャビはグループ練習に参加しているが、まだ医師からの了承は得ていないことも伝え、いつから復帰できるかを待っている最中だと話した。召集リストは試合日の日曜日午前中に発表される。

上に戻る