fcb.portal.reset.password

土曜日の練習でのルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ-FCB

重要だが、決定的な試合ではないルイス・エンリケは、クラシコ前の記者会見で、試合をそう評した。「まだ、シーズンが終わるまで10試合残っている」と話したルイス・エンリケは、とはいえ、クラシコは「他とは異なる」試合であることを認め、「永遠の宿敵であり、もっとも順位表で近いところにいる。もしも勝てれば、プラスになるし、‘ゴールアベレージ’にも有利になる。勝つモチベーションにはなる」と話した。

記者会見内容要約


有利なチムはない

「この手の試合にどっちが有利かとはっきりしていることはない。とてもレベルの高いチームだし、両チームとも賭けるものがある。もちろん、ホームの要素はある。私達を応援してくれるサポーターがモチベーションにプラスを与えてくれるだろう」

「簡単に勝てると考えるような罠にははまらない。私達はディフェンスが苦しまされる瞬間があるのをわかっているし、サポーターがそういった瞬間に助けてくれることを期待している」

黄金のチャンス

「差をつける最高のチャンスだ。僕らは堅固なディフェンスと効率的な攻撃がカンプノウに補強されるという最高のバージョンを見せなければならない」

唯一の

「特別な試合だ。魅力的で、わくわくする試合だ。サポーターは楽しみにしているし、良い内容のサッカーを通して、それに応えられることを期待している」

やりたいようにする

「今までやりたかったことをトライし続けていく。ライバルより、もっとチャンスメイクすること、試合のリズムをコントロールすること、選手を最高の状態にすること、感情をコントロールすることなどだ」
「試合と敵地のコントロールをしたいと思っているし、スムーズな守備とフィニッシュに関しても同様だ」

来るべきマドリ

「第一戦の時のようなマドリードを望んでいる。ピッチを広くつかい、ボールを回してきて、数えきれないほどの手段を手にしているチーム。プレー面をかなり、支配するチームだ」

ブスケッツの状態

「ここ数日は、グループ練習ができているが、まだ、百パーセントの状態ではない。最高のコンディションにはまだ達していないが、間に合ってはいる」と説明した。

上に戻る
_satellite.pageBottom();