fcb.portal.reset.password

バジェカスで貴重な勝利を得たことに重要性を持たせたルイス・エンリケ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは再び、アウェーで勝利を収めた。それも無失点での勝利となった。バジェカスでは、レオ・メッシとネイマールが前半に勝ち点3をルイス・エンリケのチームにもたらした。‘勇敢’なラヨを前に 「私達に新たな力を与える勝利」を手にしたと話すルイス・エンリケは、「選手は、適切な姿勢で試合に臨み、扱いにくく良く仕事をこなす対戦相手に勝つのに必要な力をみせた」と評した。

試合は、クラウディオ・ブラボがリーグ戦の開幕連続無失点記録を更新し、アルトラ1977/78年から手にしていた記録を塗り替えることになった。「一人の選手にとっての記録以上に、チーム全体の成績をみる」とルイス・エンリケはその点について話し、「私の興味をひく統計データは、シーズン最後に、私達がタイトルをとるにふさわしいと証明するものだけだ」と明言した。  ".一人の選手にとっての記録以上に、チーム全体の成績をみる。

メッシとネイマールのゴール がバジェカスでの勝利をもたらしたが、勝利の基盤はディフェンスにあった。「ディフェンス面で向上したし、私達はいい状態にある。私達のスタイルはプレーを生み出し、対戦相手に最低限のチャンスしか与えないというものだ。その意味で基本ラインで私達は向上し続けている」lと話し、続けて「バジェカスのように小さいピッチでは、強度は必須だ。その意味で適度な状態にいたと思う」と話した。選手間のコネクションが次々、訪れることを願っているし、ゴールを決めるためのバリエーションをもっと持ちたいと思っている。

チームプレーを強調しつつも、ルイス・エンリケは選手の個人名も出し、とりわけ、今回、左サイドでプレーしたマチューについては、「それぞれの選手にコンディションといろんな顔がある。ジェレミーは二つのポジションで力を発揮できる」と評した。また、ゴールを決めた二人ーメッシとネイマールーについては、「選手間のコネクションが次々、訪れることを願っているし、ゴールを決めるためのバリエーションをもっと持ちたいと思っている」と評した。最後にチームのGK3人について、「3人とも多くのセキュリティを伝えてくれるし、常にその状況を越えるために最適な選択をしている」とコメントした。

上に戻る