fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, durant el partit. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

「ライバルが成功しただけに、私達にとって、もっとやりづらい試合となった」と、ロサレダでマラガの前にドローを喫した後(0-0)、バルサの監督、ルイス・エンリケ・マルティネスは分析した。チームはエリア正面にたどり着いたが、そこでの精彩に欠けた。「ラストパスの正確性に欠けたが、結果が危うくなるほど、苦しむこともなかった」 と評価した。

マラガのプレーについて、「マラガはいい試合をした。逆に私達には辛抱が足りなかった。攻撃は余りにもダイレクトだったし、その際に多くのボールを失った。私達が目立つ試合ではなかった」 とコメントした。7日間に3試合をこなしたことについては、「選手は機械じゃない。3日毎にプレーしているんだ」 と答えた。

レオ・メッシについて、アルゼンチン人選手のバルサにおける重要性を説いた。「私達にとって、メッシを見つけ出すことが鍵だ。今日はいつも慣れているプレーとは多くの点で異なっていた。メッシをプレー中に見つけ出すことができれば、私達は、より、危険なチームになる」と話した。


Luis Enrique analiza el empate contra el Málaga por fcbarcelona

上に戻る