fcb.portal.reset.password

Luis Enrique ha viscut intensament el partit contra el Granada / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

カンプノウは、ルイス・エンリケのバルサが攻守がエキシビションを行う様子を見届けることになった。監督は再び、選手の尽力と試合に臨んだ姿勢をほめ、「私達は集中力と正確さを持って、野心的かつディフェンス面に関しては寛大に試合が行えたと思う」と発言した。グラナダ相手の6-0はネイマールのハットトリック、メッシのダブルゴール、ラキティッチのゴールから生まれたが、とりわけ、チーム全体のディフェンス面について評価し、「非常にディフェンス面でも選手が構えていることを照明できた」と話し、「これが成功にたどり着くための唯一の方法だ」」とコメントした。チームはあらゆるプレー面で効率性を見せた。

ルイス・エンリケ は、また、グラナダ戦と数日前のマラガのスコアレスドローの試合の違いを振り返った。「試合を比較することはできない。まず、ホームとアウェーでは異なるし、対戦相手は異なった難しさを与えてくるからだ」と話し、マラガ戦で得点できなかった後、グラナダを相手に6点を決めたことについて、「チームはあらゆるプレー面で効率性を見せている」と話し、「これだけの選手層を持っていて」幸運であり、「バルサファンはチームが試合中、ずっと集中していて、対戦相手より上でいたいという気持ちのあるチームを目にしたことだろう」と付け加えた。

ネイマールとメッシ がそれぞれ、ハットトリックとダブルゴールを決めて、試合の主役となったが、そのキャリアにおいて400ゴール目を達成したメッシについては、「メッシは魔法の杖に触れた選手だ。サッカーを心から楽しみたい気持ちにあふれている」と賛辞を惜しまなかった。また、何分か休ませるべきだった可能性について、「彼のプレーを見て、最後までチームを助けるその姿勢を見る方が、休ませたいという誘惑よりも強い」と説明した。.メッシは魔法の杖に触れた選手だ。サッカーを心から楽しみたい気持ちにあふれている。

最後に今回、リーグ戦で初スタメンとなったチャビの貢献度について、「他の選手同様に、非常に高いレベルにいた。どこにいても、全節とも私達を助けてくれている」と評価した。10月末にあるサンティアゴ・ベルナベウでのクラシコについてきかれると、「ベルナベウはまだ、心配していないに、まだ、いつプレーするかもしれない。私のチームのことだけに関心があるし、今は、パリでの試合のことだけを心配している」と話した。


Luis Enrique: "Este es el único camino posible... por fcbarcelona
上に戻る