fcb.portal.reset.password

セルタ戦の試合中のルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ-FCB

バルサの選手は、プレーを支配していた。「プレーを向上させ、コントロールすることを目指しているが、私達はプレーをコントロールできたが、苦しむことになった」とルイス・エンリケは、カンプノウでの黒星の後、話した。セルタに決められた0ー1は、敵地での激しいプレスが反映されたものだった。カウンターの原因となったセルタの先が読めない内容の良いプレーについては、ルイス・エンリケは、心配しておらず、チームについて「心配はしていない」が、「より、自己批判」をする必要性を説いた。「今は頭をあげて、次の試合に向かう時だ」とチャンピオンズリーグのアヤックス戦、アムステルダムへの試合準備に頭を切り替えた。

今は頭をあげて、次の試合に向かう時だ。

セルタのマンマークと執拗な攻撃がバルサがボールを持てず、攻撃を手放すことになる結果を生み出した。「僕らは19回もチャンスを作り出したが、効率性に欠けた」と説明したバルサの監督は、「我々はこの試合に勝つにふさわしい試合をしたと思う」とコメントし、セルタが「非常に良いプレーをした」ことは驚くべきことではないとしながらも、「こういった試合になることは予測できたが、もっとコントロールできると期待していた。だが、そうはならなかった」と結論づけた。「後半、より多くのチャンスを生み出した」にもかかわらず、幸運がバルサに微笑むことはなかった。

こういった試合になることは予測できたが、もっとコントロールできると期待していた。

シーズンを通して、「こういう日が当たることもある」が、「どこを修正できるか、チェックするつもりだ」と話す一方で、「チームの態度は正しいものだし、これだけ多くのゴールチャンスを手にすれば、普通はゴールが入るものだ」と説明した。敗戦も、対戦相手も、ルイス・エンリケが持つチーム哲学の戦術を変えることはできない。「我々はポゼッションで優位だし、常に試合を握るというコンセプトで練習している。口に出すことでもないが、私は自分のメンタリティも、プレーのプランも変えるつもりはない」と断言し、「ボールを手にしている方が、常にずっとやりやすい」と話した。 

上に戻る
_satellite.pageBottom();