fcb.portal.reset.password

Luis Enrique segueix el partit des de la banda de l'Amsterdam Arena / MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナトップチーム監督、ルイス・エンリケが試合後に話したことは・・・。

「後、2節残っている状態で通過を決めるのは大事だ。選手の態度について、文句を言うことは何もない。それが試合の鍵となった」

「メッシは私が人生を通してみた中で最高の選手だ」.

後半、コンビが良くなり、ボールを取り返すことができた。

「(前半は)サッカーの試合で起こること以外、特別なことは何も起きなかった」が、通常、バルサは「攻撃面」を担当するものの、「常にそういうわけにはいかない。特に対戦相手が試合を支配することがある」と話した。また、ルイス・エンリケは、「後半は私達のコンビネーションプレーは向上したし、私達のゴールから遠いところでボールを取り戻すことができた」

「最初から(そのようなプレーを)探していたが、「常に思うようにはいかない」

メッシ、ネイマール、ルイス・スアレスの3トップは、試合を良く読んだと考えている。

「攻撃には、異なった可能性がある。私達はメッシネイマールとルイスが異なったポジションでプレーできるとわかっている」

「ネイマールとスアレスは、他のポジションでプレーできることはわかっている」

「多くのオプションを手にするのが好きだ。バリエーションがあり、とてもハイレベルの選手をたくさん抱えているのだから」

私達はネイマールとスアレスが別のポジションでもプレーできると知っている。

「選手達には、常に百パーセントの努力を求めている」

上に戻る