fcb.portal.reset.password

アスレティック・クラブ戦で指示を出すルイス・エンリケ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ルイス・エンリケ はアスレティック・クラブのプレーを試合前記者会見でほめた。だからこそ、カンプノウで得た2-0での勝利に重要性を持たせている。「アスレティックがあまりチャンスメイクができなかったことを強調したい。殆ど危険を生み出すことができず、そのためには、チームプレーが必須だった」 よって、チームが見せた態度に満足していることを示し「何かを手にするためには、我々はコンスタントでなければならないし、攻守においてコンパクトである必要がある。アスレティックを前にこれだけチャンスメイクできたのは、名誉だし、モチベーションがあがることだ」と話した。 アスレティックを前にこれだけチャンスメイクできたのは、名誉だし、モチベーションがあがることだ。

ルイス・エンリケは、まだ多くを修正する必要があることは理解しているが、チームがここまで無失点がきていることを評価した。「タイトルを手にするためには、攻撃もそうだが、ディフェンスも良くなければならない。チームが完全であればそれ以上のことはないよ

また、監督はネイマールへの必要以上の賛辞をよしとせず、「それぞれの選手の最高のバージョンを期待している。ネイマールの、サンドロの、ムニルの・・・。ゴール以上のことを私は見ているし、多くの修正点がある。我々はゴールを決める選手より、もっと他のことを多く必要としている」 と話した。 メッシはあらゆる攻撃面において世界一だが、ディフェンス面でもそうだよ。
また、「メッシはゴールだけでなく、アシストの点でもベストプレーヤーだ。メッシはあらゆる攻撃面において世界一だが、ディフェンス面に集中すれば、ディフェンスでも世界一になるだろう」と、ルイス・エンリケはメッシの仕事について評した。メッシはピッチだけでなく、練習でもいい仕事をすると話し、「‘キャプテン翼’やプレイステーションでも見たことのないようなことを練習でするよ。彼が自分のチームにいるのは、最高だし、名誉だよ」と明言した。

ルイス・エンリケは、ピケをスタメンに起用しなかったこと、ネイマールの代わりにムニルをスタメンに据えたことなどについては、説明をしたがらず、「私には全てがある。Rafトマトもあれば、家のトマトもあるし・・・。シーズンを通して決断を誤ることは必ずあるだろうが、それも私が決めたことだ」とコメントした。


Luis Enrique: "Ser un equipo completo es un... por fcbarcelona
上に戻る