fcb.portal.reset.password

試合中のルイス・エンリケ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]チャンピオンズリーグの最初の試合を終え、勝利を得たバルサは、グループ内首位だ。「最後の数メートルで完璧なオプションを選ぶのに苦労した。ハイクオリティの偉大な選手を私達は手にしているが、それでも最後まで行けなかった。十分、スピーディにボールを動かせなかった」とアポエル戦での1-0を分析した。

また、ゴールキーパーについては、「フィールドプレーヤーのポジションとは異なるが、私は3人の優れたキーパーを手にしている。よくあるキーパー一人だけ、ということは信じない。全員が準備できた状態でいて欲しい。誰がプレーするとは言っていないし、それが私の考えだ。最後に結果が出ることを願っている。全員を盲目的に信じている。この大会だからこのGKなどとは決めない。3人全員が準備ができている状態で、自分なりにマネージする」

よくあるキーパー一人だけ、ということは信じない。全員が準備できた状態でいて欲しい。

試合について、「ボールの後ろに10人の選手がついている。この手のチームを攻撃するのは簡単ではない。多くの危険を私達に生み出した。戦術プレーでゴールを決められたのはいいことだ。そのために練習しているのだから」と話し、「監督はみんな、期待したように物事がいかない時、心配するものだ。用意な試合ではなかった。アポエルはとても真剣に試合に臨んできたし、この手のチームを攻撃するのは簡単ではない。選手達にどの点を向上できるか示そう。このままで落ち着くことはできない。私達は向上しなければならないが、この最高の選手達を手にしていれば、必ず、方法は見つかると信じている」と付け加えた。

サンペルのことは完璧に知っている。個性があり、今日は一度しかミスしなかった。チームにうまくなじんでいる。

水曜日にチャンピオンズリーグでデビューしたセルジ・サンペルについては、「サンペルは完璧に知っている。個性があり、今日は一度しかミスしなかった。チームとうまくやっているし、クラブにとっても大きな発見だ。この長旅を助けてくれるだろう」とコメントし、チャビについては「調子良いように見えるし、彼とは話している。長い間、一緒にチームメートとして過ごしていたし、彼とは良い関係を築いている」、ピケについては、「チームに明るさを与えてくれるし、偉大な選手だ。彼がゴールを決めて嬉しく思っている」とコメントした。

私は自分の考えに忠実だ。私のグループには全員が必要だ。

ルイス・エンリケは、11人中9人ものスタメンの顔ぶれを変えたが、それについて「ローテーションのせいで、通常より、ボールが回らなかったのかもしれない。だが、私は自分の考えに忠実だ。私のグループには全員が必要だ。きっと私は間違うだろうが、常に3-0や4-0で勝つことはできない。私は、選手全員を盲目的に信じている」と話した。


Luis Enrique: “Tengo confianza ciega en todos... por fcbarcelona

グループ内首位

バルサはチャンピオンズリーグの第一節を終え、グループ内首位となった。ルイス・エンリケのチームが勝ち点3を手にしたことが、他のチームとの差をつけた。アヤックスとPSGが最終的にアムステルダム・アレナで引き分けた(1-1)ためだ。カバニがPSGに前半14分、ゴールをもたらしたが、試合後半(74分)ショーンが同点弾を決め、試合はドローに終わった。

上に戻る