fcb.portal.reset.password

決勝後のメッシとルイス・エンリケ / GERMÁN PARGA-FCB

ルイス・エンリケ は、土曜日の夜、FCバルセロナがユベントスを前に行なったチャンピオンズリーグ決勝戦での試合について、「スペクタクル」だったと表した。「私達はユベントスのようなトップクラスのライバルを前に、スペクタクルな決勝を行なうことができたと思う。私達はゴールチャンスの数でも彼らを上回ったし、私達の方が上だったと思う。決勝で勝利をあげるのに、(私達は)ふさわしい内容でプレーした」とクラブ史上、5回目の欧州大会チャンピオンとなった後、話した。

ルイス・エンリケの記者会見概要は、下記から。

今季について:

「私達は60試合をこなし、50勝4分け6敗だった」"

「選手を祝したい。そのクオリティと互助の精神は、疑問の余地がない」

「FCバルセロナは、過去10年において、欧州のベストクラブだし、そのタイトルの制覇の仕方においてもそうだ」 

決勝について:

「全試合を簡単に制覇することはできない。私達は非常に優れたユベントスを相手に、苦しまなければならなかった」

「ブッフォンはいつも通りのレベルだった。つまり、非常に良かったということだ」

「後半の最初、ユベントスは私達を押さえつけ、スコアを同点にした。そこが一番、私達が苦しんだ瞬間だった。前半は私達が手にしていた」


Luis Enrique: "Hemos hecho una final espectacular" por fcbarcelona
上に戻る