fcb.portal.reset.password

ヘタフェ戦でのルイス・エンリケ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

コリセウムでのブスケッツ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘタフェでスコアレスドローの後、ルイス・エンリケは、試合のポジティブな面を読み取り、「対戦相手より私達の法がずっと上だったし、多くのチャンスを手にした。もしも、明確なチャンスを形にしていたら、良い試合内容になっていただろう」と話し、「後半、何度もチャンスメイクし、ゴールを決める可能性を数多く手にした」と付け加えた。対戦相手より私達の法がずっと上だったし、もしも、明確なチャンスを形にしていたら、良い試合内容になっていただろう。
よって、ルイス・エンリケは、「選手達に不満はない。スタートからよく戦った」と断言し、「難しい試合になることはわかっていた。私達が結果をプレゼントした瞬間は全くない。出来る範囲で良い試合を行なおうと努力した」と話した。

この結果、バルサはリーグの首位、マドリードから勝ち点4点差をつけられることになった。「まだ大会に試合は多く残されている。私達は勝ち点4をつけて勝っていたし、今はそれが逆になった。それを受け入れて向上を目指すことだ」とコメントした。

チャビ・エルナンデス

「この結果で一歩後退だ」
「僕らは3、4回、絶好のチャンスを手にした。特にメッシのポストは最高のチャンスだったが、ボールが中に入りたがらなかった」
「最も大事なのは、システムがどうとかより、勝つことだ。今日は僕らは勝つ術を知らなかった」最も大事なのは、システム以前に、勝つことだ。
セルヒオ・ブスケッツ

「僕らは相手にとっての危険を生み出すために、あらゆる方策を用いて、全力を尽くしたが、不満足な結果に終わってしまった」
「首位から(勝ち点4点差と)遠くにいるのは、好きじゃないが、まだ、リーグ戦は長い。試合は数多く残っている」

イバン・ラキティッチ

「結果には満足していないし、自己批判をして、どこにミスがあったのか勉強するだろうが、試合自体は悪くなかった。僕らはあらゆる方法を試した」
「選手は誰でも、全試合でプレーしたいものだが、それは監督が決めることだ。僕らがしたいのは、その決断を難しくすることだけだ」 

上に戻る