fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, en una acció del partit. / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

 国王杯でのエルチェ-バルサ戦から10日後、バルサの選手は再び、フラン・エスクリバの率いるチームを前に勝利をあげた。今回はリーグ戦で0−6であり、このスコアは今季、アウェー戦で最も大差をつけての勝利となった。ルイス・エンリケはこの結果を「とても満足」していると話し、「こういった試合は常に良い結果を出すのが難しい試合だ。先制点の後、チームは解き放たれて、我々のコントロールは向上した」とコメントした。

ルイス・エンリケは、バルサが先制点を決めるのに苦労したことについて「論理」だとし、「試合の最初は相手だってフレッシュなのだから、当然だ。彼らはエリア近くでうまく守っていた。ピッチの状態が悪かったにもかかわらず、出来る範囲でベストを尽くしてプレーしようとしたし、十分、チャンスを生み出した」と分析した。また、2得点を決め、プレーに積極参加していたネイマールについて「他のチームメート同様に、最高に高いレベルでプレーした」と褒めた。

また、今日の試合で偽「9番」の役割を担ったメッシについては、そのポジションでのプレーについて評価し、「我々が知っているメカニズムだし、レオがセンターバックの間でプレーし、ボールを取りに下がる時は、両サイドと内側にいる選手の動きのバランスがとれていて、理に叶ったポジショニングをできていることが大切だ」と説明した。


Luis Enrique: "Estos partidos siempre son... per fcbarcelona

上に戻る
_satellite.pageBottom();