fcb.portal.reset.password

ダービー戦でのルイス・エンリケ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは、ダービー戦でエスパニョールを前に9連勝目を手にした。ルイス・エンリケのチームは、セルヒオ・ガルシアが先制点をマークした後、逆転勝利を手にした。「メッシがゴールを決めるまで、ディフェンシブなエスパニョールの前に試合は動きがなかった。同点を決めたことから、怪しくなってきて、私達はサイドをより開くことで、ライバルを揺さぶらなければならなかった」とFCバルセロナの監督は、分析し、メッシが決めた同点弾を「鍵となったし、ピッチ上で目に見えていたことが形になった」と説明し、後半については「もっとスムーズになり、効率的になった」と話した。「我々の選手らがエリアにたどり着いた時、彼らは致命的な強さを発揮する」とも付け加えた。 同点弾を決めたメッシのゴールが鍵になった。 レオ・メッシについては、シーズンを通してピッチへの貢献度が高いと強調し、「それもゴールを決めるだけでなく、ディフェンシブなシチュエーションでも貢献している」と主張した。

エスパニョールとのダービー戦を終えて、次は、水曜日にPSGとの対戦が控えている。グループ内首位を狙う試合だが、「これらの結果を手にした後、ポジティブな流れで試合を迎えることができる。PSGとの試合は、素晴らしいし、完璧だ。開幕からやってきたように、私達は戦うことになるだろう」とルイス・エンリケは話し、更に「パリで行なった試合と似たようなゲームを期待している。ディフェンス面で苦しめて、私達が勝利にふさわしい試合を行ないたいと思っている」と付け加えた。


Luis Enrique: "El 1 a 1 ha sido clave" por fcbarcelona
上に戻る
_satellite.pageBottom();