fcb.portal.reset.password

Luis Enrique donant instruccions durant el partit a Riazor / MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナの監督は、リアソールでデポルティーボを0—4で制し、役割を果たしたものの、現在のチーム状況について、慎重さをみせた。「勝利は選手にとって活力になるし、いいことだが、まだ、攻守に向上すべき点が多く残っている」と表現し、今シーズンの主「目的」である「全てのタイトルを獲得する」唯一の方法は、「あらゆる面で向上すること」だと明言した。

試合後の記者会見で、ルイス・エンリケは、「チームの向上」は「アウェーでの全試合で同じだったディフェンス面の集中力にあるわけではない」として、それは「相手に危険を生み出すキャパシティ」にあるとした。現在のバルサには、「対戦相手の変化を避けるためのキャパシティが増えた」と監督は考えている。その要素が鍵となり、それに「我々の選手の創造性を足すこと」でチームはより、「ゴールチャンス」を楽しめるようになると分析した。

選手の数が多ければ私達はより強くなる。

また、カンプノウで行なわれた先週のアトレティコ戦と同じスタメンだったことから、理想イレブンについて聞かれたルイス・エンリケは、「最も勝利のチャンスがあると考える」イレブンを常に起用すると繰り返し、「私は決まった考えに忠実ではない」とし、「選手の数が多ければ私達はより強くなる」と話した。また、今季のバルサは「多くの選手が参戦したし、今後も参加していき、良い結果を出す」ことになるだろうとコメントした。リアソールでもハットトリックを決めたレオ・メッシの爆発的な活躍について聞かれ、シーズン中、そのレベルをキープするキャパシティについて、言い直し、「彼は常に最高にハイレベルにいる。クラックだ。彼のレベルが下がったのを見たことがない」と分析した。

 


Luis Enrique, cauto: "Todavía tenemos cosas a... por fcbarcelona

上に戻る