fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, en el partit contra el Còrdova / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ルイスエンリケ は、試合内容がよく、チームは継続して向上をみせていることを強調した。「もちろん、私達は攻撃的なプレーをしたし、ゴールを決めることができる優れた前線の選手達がいる。それだけじゃなく、失点も少ない。興味深い組み合わせだ。このリーグの首位になるには十分じゃないが、興味深いデータだ」とコルドバを相手に勝利を決めて、2014年を締めくくった後、記者会見場で話した。「首位のマドリードが勝ったら、また、勝ち点4点差になるからといって、必要以上に悲観する必要はない。ネガティブなことは見ないし、心配もしていない」と明言した。

 この休暇は私達にとって非常に都合がいいものになるだろう。 チームは、12月30日まで、クリスマス級かに入る。再び、練習に戻ってからは、タイトルを争う決定的な時期がやってくるが、だからこそ、選手達に「精神的にここから先にやってくる魅力的な時期に備えて、充電して帰ってきて欲しい。この先は、全ての大会が大変なものになるのだから」と助言した。

今日の午後、大量ゴールを決めた試合についてはは、「コルドバの試合への臨み方は、カンプノウを訪れる殆どのチームと同じだ。スペースをなくし、解決策を相手に与えないというやり方だ。試合は2−0までは、両者に開かれていたが、その後、崩れた」と分析した。今回のスタメンのニュースは、マルティン・モントヤが戻ってきたことだった。「参戦しない選手の状況は難しい。モントヤが二試合続けてプレーする可能性を手にしたのは、彼自身が手に入れたものだ。彼がプレーするのを見て、良かったからだ。私と共にいる選手は、誰でも状況が変わる可能性がある」と話した。モントヤは二試合続けてプレーする可能性を手にした。それは彼自身が手に入れたものだ。

また、ルイス・エンリケは、最近のペドロの好調ぶりも強調し、「彼は最高効率を手にしている選手だ。シーズンの最初、ゴールを決めるのに少し苦労していたが、今のペドロを止めるのは逆に難しい」と褒めた。


Luis Enrique: "Lo que viene es muy atractivo" per fcbarcelona
上に戻る