fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, durante el partido contra el Madrid / FOTO: MIGUEL RUIZ

ルイス・エンリケ は、はっきりしていた。プレビューで話したことを再び、繰り返した。「今晩の勝利はすてきだった。なぜなら、サポーターを楽しませることができたからだ。だが、決定的ではない。重要なのは確かだが」と話し、レアルマドリードと勝ち点差を4点差に広げた今、「私達は望んでいた場所に現在いるが、気を抜くことはできない。どの試合でも、勝ち点を失う可能性があるのだから」.とコメントした。

勝利と「目の前で見ていること(プレー)」にとても満足していると話し、選手を祝したいと話した。「現ヨーロッパチャンピオンを前に苦しむことを知っていた。この試合の難しさを思えば、この勝利には大きなメリットがある。私達はやってのけた仕事にとても満足している」と述べた。以下、ルイス・エンリケが会見で述べた内容を抜粋する。

ルイス・スアレスとクラウディオ・ブラボ、効率と堅固さ

「ルイス・スアレスは非常に高いレベルをみせ、とても良かった。私達は彼が決定力のある選手であることに満足している。バルサに来てから、チームにポジティブなことを与え続けている」

「私達は、チーウプレーのキャパシティに長け、優れたフィジカルを持ち、ゴールを決めることができ、私達のプレーにとってとても興味深い性格をもったアタッカーについて話しているのだ」

「クラウディオ・ブラボは、最高にハイレベルのGKで、私達が必要とする時に常にそこにいる。今日は、何度かセーブしたが、行けるも同じだった」

マドリードとその難しさ

「私達の目的はボールを手にし、ゴールから離れて守ることだったが、ライバルも同じようにプレーする。私達のスタイルを見せられない時は、それに適応しなければならない。目の前には、非常に難しいライバルがいたのだ」

「世界で最も攻撃的な2チームの対戦だったかもしれない」

チームプレー

「私達の考えと試合への対応は、前半、後半とも同じだった。問題は、前半、プレスをうまくかけられなかったことだ。だが、後半、少しずつ、良くなった。ゴールは私達に落ち着きをもたらし、ゴールを決めてからは、もっとゴールを決められるチャンスがあった」

「選手交代は、ボールポゼッションをより手にする考えで行ない、よりスペースを手にした。ゴールアベレージを考えて、3-1を決めたかったが、同点に追いつかれるリスクは犯したくなかった。最終的には、よりプレスを正確にかけることができたが、唯一、残念だったのは、手にしたチャンスを生かし、ゴールにできなかったことだ」 


Luis Enrique: "Esta victoria tiene mucho mérito" por fcbarcelona
上に戻る