fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, contra el Almería / MIGUEL RUIZ - FCB

アルメリアを相手に勝利をあげた後(4-0)、30試合のうち17節を無失点で終え、戦術プレーから14得点を決め、リーグ戦では6連勝をあげている。だが、こういった数々の記録にもかかわらず、ルイス・エンリケは、それでよしとはしていない。「サッカーの目標は、常に向上することだ。私達はその過程にいる。選手らは、非常に良い数字を生み出しているが、いつでも、常に向上できる」とアルメリア戦後の記者会見で話した。

記者会見の概要は、下記のとおり。

「私達は試合をコントロールできたし、それほど苦しまなかった。アルメリアはサイド攻撃を許してくれたので、それを利用した」

「私にとっては、とてもハイレベルな試合内容だった。試合がほぼ片付いた時だけ、少し、そのレベルを下げただけだった」

「ハードな試合だった。なぜなら、決定的な試合の時期が近付いているからだ。だが、全体的にはいい試合だったし、次の試合への力になった」

ネイマールが休息をとってくれるのは、私達にとってとても良いことだ。なぜなら、彼は全く休まなかった唯一の代表選手だからだ。私達はシーズン終盤に向けて、ペドロを完全な状態で手にしたい」

セルジ・ロベルトは、とても興味深い選手だ。常に最高のレベルで参戦し、いつもスタメンであるかのように練習する。彼がボランチとしてやったことにとても満足している」

シャビは、カンプノウ全体から敬意と愛情を受けている。サッカーを愛する全ての人々からだ」

 


Las valoraciones de Luis Enrique después de la victoria por fcbarcelona

上に戻る