fcb.portal.reset.password

チャンピオンズ記者会見前のルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

チャンピオンズリーグの決勝まで24時間を切った。決勝はもう目前だ。ルイス・エンリケは、チャンピオンズリーグの優勝を手にし、三冠を達成することへの期待感と楽観を伝え、「チームは2冠を手に3冠を制覇する可能性があり、チームは望んでいた高みにいる」とコメントした。

また、ルイス・エンリケは、「ボールを手にし、ユベントスのピッチでより多くの時間を過ごせるといいと思っている。だが、きっと難しい状況に置かれるだろう」と警告した。その意味で、ルイス・エンリケは、決勝が二つのスタイルがぶつかり合う試合になるとは思っていない。「ユーベもボールを手にするのが好きだ。自営でのボールを非常に上手く扱い、そこでの多くの解決法を手にしている」と評し、今回の試合の唯一の目標は、「内容の良い試合を行ない、ライバルを上回ることだ」と明言し、「中盤が非常に大事になるかもしれない」と話した。 

バルサの監督は、イニエスタはフィジカル的に調子がいいと明かし、ユーベの監督、アレグリについて「彼は常にタイトルを獲得してきた」が、今回に限っては、「三冠を制覇しないように」願うと話した。

続けて、 ベルリンでの記者会見概要は,下記のとおり。

「サポーターは、期待と希望を胸に私達が勝利を手に出来るよう、精一杯、試合を生きなければならない」

「中盤が鍵になることは多い。あらゆるゾーンを支配したいし、私達のメリットを最大限に発揮し、ユベントスのそれを最小限にしたい」

「サポーターが狂気乱舞しているのは、大好きだ。その喜びが何ヶ月も続く曜日。プロとして私達は試合を真剣にとらえてプレーする。この偉大なライバルに勝つためには、非常にうまくやらなければならないとわかっている」

「両者のポテンシャルを考えれば、多くのゴールがある決勝になるのが普通だ。だが、決勝は特別なテンションがあり、見えないものだ」

「私達の攻撃選手がより、メディア的に主役になるのは普通だし、当然だ。だが、ここにたどり着くためには、チームの全員が必要だった。全選手が必要なのだ」

「私達は唯一というジェレネーションの選手の前にいる。世界がグラン・ファイナルを待っている」

「両チームとも、三冠というクラブの歴史を創り出すためにここにいるのは、私達がそれに値することをよくやってきたからだ」


Champions League Final: Rueda prensa Luis... por fcbarcelona
上に戻る